無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

あなた

る、るぅとくん…
莉犬くんが心配だよ。
ころんくんみたいに逃げ出そう
としたら、良くないことが…

るぅと
確かに心配です。
莉犬くんを探して落ち着かせましょう。
しかし、莉犬くんはどこにもいません。

その時、玄関フロアへフラフラ歩く
莉犬くんを見つけました!
あなた

莉犬くん!どこにいくの?!

るぅと
莉犬!止まってください!
しかし、私たちの声は彼には届きません。

彼はぶつぶつと何かを呟きながら
トビラに向かっていきます
あなた

きゃあぁあああぁあぁ!
莉犬くん!危ない!

ガタガタと玄関フロアに下がった
大きなガラスのシャンデリアが揺れだし、
今にも彼の頭の上に落ちて来そうだったのです
莉犬
ぎゃあぁあぁぁあ!!
先に莉犬くんの元へ走りついたるぅとくんが
彼を横に突き飛ばしました。






ガッシャーン。







同時にシャンデリアが落ちる音が響きます。


間一髪の差で、莉犬くんは助かりました。

私はホッとして、その場にヘナヘナと
座りこみました。
るぅと
間に合って良かったです。

あ〜、心臓がバクバクいってます…
さぁ、はやく部屋に戻りましょう。







--------キリトリ線--------
〜選択問題〜


…さとみくん達を探し、部屋も見た。
そういえば、ななもりくんは?!
→④へ進む



…さとみくん達を探してない。探しに行こう!
→⑤へ進む



…部屋に戻り、手がかりを探そう!
→⑧へ進む