無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

エンド2
ジェル
おいっ!どうすんねん
時間がないで!
さとみ
俺は…1人で逃げようとした
ころんがいいと思う…
遠井さん
わ…私もそう思う…
ころん
ちょ…ちょっとやめてよ…
莉犬
俺も…
ジェル
おぉ!意見がまとまってきたな!
ジェル
ころんがいいと思うやつは誰や?
………………………………………………………………
さとみ
ころんに5票…
あと3票だ…
るぅと
…ごめん…ころちゃんごめんなさい…
ころん
る…るぅとくんまで…
ころん
あなた!あなた助けて!!
僕れ生贄はいやだよ!!!
あなた

……ごめんね…ころちゃん…

手を挙げた
ころん
そ…そんな…
みんな…僕にしたの?…
さとみ
ころん…お前に決まりだ
ジェル
いいな?逃げるなよ?
ころん
……うんいいよ…


そして次に発した言葉が



















































ころん
僕も賛成‼
アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
さとみ
悪魔!よく聞け!
生贄はころんだ!
悪魔
悪魔
ふーんやるじゃないか…
デスゲームクリア…
…君たちの勝利だ
願いをひとつだけ叶えるよ…
遠井さん
え?ひとつだけなの?
「どうする?」

「ひとつなんて決められないよ…」

「どうしよう…」

「どうする?」
ころん
フフフ…
ころん
…僕を生贄にした7人に…
永遠のデスゲームを!!!
悪魔
悪魔
分かった…叶えよう…
生贄からの願いか…
こりゃあゆかいだ…





























私たちは、












いつまでこのゲームを












続ければいいのでしょうか…












やはり、「永遠」なのでしょうか…
















→お疲れ様(*´ω`*)へレッツゴー