無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ボーンボーン。
部屋の壁時計が2時を告げると同時に
他の部屋にいたみんなも
部屋に戻ってきて、椅子に座りました
さとみ
おい、あなた。
ゲームのリミットまで後30分だぞ。
さっき、るぅとと話してた、
いい解決法は見つかったんだろうな?
あなた

……………そ、それは…私たち、
本当に一生懸命考えたんだけど……
ごめんなさい…………
見つけられなかった。

ジェル
なんやねんそれ!
おまえら、
あんなに偉そうにしとったやん!

俺たちは、しっかり決めたぞ!
みんな、俺の話をきいてくれないか?
遠井さん
あの…ちょっといい?
あれから私も色々考えてみたの。
みんな、私の話をきいてくれない?
そう言うと、2人は
高く手を上げました。




--------キリトリ線--------
〜選択問題〜
…なんだろう、
遠井さんの話を聞いてみようかな
→⑦へ進む

…仕方ない、解決方法を決めたジェルくん
の話を聞こう
→エンド②へ進む