無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

私とるぅとくんは、ケガをしている
ころんくんと部屋から出たくないという
莉犬くんをおいて、ジェルくん達を
探しに行くことに…
廊下に出ると近くにあった部屋から
ヒソヒソと何かを相談する声が
聞こえて来ました。
この声は、ジェルくんとさとみくんだ。
あなた

ねぇ、3人。ちょっといいかな。
みんなバラバラで考えるより、
一緒になって話あった方が
いいと思うんだけど…

さとみ
なんだよ、あなたとるぅとか…
俺たちは俺たちで考えたいんだけどな…

それで…ころんを生贄にしないか?
俺たちは、残りのみんなを
説得しようと思ってる
るぅと
悪いですけど、その案には、
賛成できません僕もあなたも
誰も生贄にならない方法を
考えるつもりでいます。
信じてください
で、2時になったら
さっきの部屋に戻ってきてください。
じゃあ、またあとで。
--------キリトリ線--------
〜選択問題〜
…莉犬くんはもう大丈夫だし…
部屋を調べてみよう!
→⑧へ進む



…まだ莉犬くんを探していない。
探さなきゃ!
→⑨へ進む