無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

@
時々くるカフェに、‪新しいバイトの人がはいった










それがあなただった








僕はおちつけるカウンター席が好きで






少し寂しいなーって思ったらバイトさんと話すこともしばしば





僕から見たあなたは可愛かったし話も上手かった




と言うよりか、聞き上手






好きとまでは行かないけども、僕は好意を寄せていた










でも、ある日それが好きに変わる






🐥「ジョングク?この人誰?」





ジョングクと僕は同じダンススクールで





嬉しそうにスマホを眺めてるから何かと思って除けば









そこには、あなたちゃんが映っていた










🐥「もしかして彼女?ニヤッ」




🐰「そうです//」





へぇー








ジョングクのもの








みーつけたっㅋㅋ








それから、今に至る








🐥「どう?少しはわかった?あなたちゃん?」







『……いくらとられたからって』







🐥「ね、付き合お?ぼくはあなたちゃんが欲しい」







ジリジリと詰めていく距離








顔の距離があと10cmのところで








『うえっ……』







🐥「え?」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

lia@
lia@
#보라해 #紫してる #アミしてる フォローしてぇぇえ 結構寂しがりw←自分で言うとかキモイね 今思うこと 사랑해요 ポゴシプタ 私に人生のときめきをくれた人 色をくれてありがとう 周りにはそれだけ?って思うようなことでも、喜べるし、泣ける #so what #Magic Shop #lights
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る