無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

@
あなたside




ジミンさんは泣いていた





きっと、本当の自分に気づいたのかな?







ジミンさんは私にありがとうと言った







どうやら、私の言ったことは伝わったみたいだ









そして、時間も時間なので家に帰るか事にした私








何故か、ジミンさんに送られている









その間会話はひとつもなく静かな帰り道だった






だけど、気まずい感じはしなく






ただ










お互いいい気分だった








『今日はありがとうございました。』

🐥「全然!こちらこそありがとう^^*」





そうして家に帰ろうと思った時






🐥「あなたちゃん!」


🐥「ジョングクに気をつけて…」


🐥「可愛いだけじゃないよアイツ」














え?何を言ってるの?





気をつけて?もしかしてグクの愛し方についていってるの?






おかしくなんかないよㅋㅋ








『何言ってるんですか?ジミンさんㅋㅋ』











グクは少し人より愛が強いだけ







人には個性があるようなもの








『フフッㅋㅋ何も変わったことなんてないですよㅋㅋ』










そう言って、私は家の中に入った










シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

lia@
lia@
#보라해 #紫してる #アミしてる フォローしてぇぇえ 結構寂しがりw←自分で言うとかキモイね 今思うこと 사랑해요 ポゴシプタ 私に人生のときめきをくれた人 色をくれてありがとう 周りにはそれだけ?って思うようなことでも、喜べるし、泣ける #so what #Magic Shop #lights
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る