無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

@
ジョングクside










家に帰るなり、あなたに抱きついた






俺にすっぽり収まるあなたは可愛くて仕方ない






けど、






今日のことが気になって仕方ない






ジミニヒョンと何話してたの?





そればっかり頭に浮かんで



ジミニヒョンといた時の笑顔は俺に向けるのと同じに見えて







🐰「……あなた(ボソッ)」





『どうしたの?ぐう?』






あなたは俺をグクと言う




あなたは俺より歳下だけど、オッパ呼びは時々でいいと言ってある



オッパは恥ずかしいだろうし、







毎回だと慣れてしまってそのドキドキが味わえないでしょ?







だからたまにでいいの








俺が落ち着かない時






あなたが離れていくと思ったら







急に怖くなって何も見たくなくなる









そんな時は布団に潜って






明かりを消す





それでも、だんだん苦しくなって





息が出来なくなる




そんな時あなたは俺をぐうと呼ぶ




あとあなたが俺に甘えたい時とか?かなりの気まぐれ




ねぇ、あなた









もしあなたがジミニヒョンのところに行くなら








俺どうなっちゃうの?







もし行こうとしてるなら







その前にあなたを殺して俺の傍にずっと置いておきたい


















こんなのひどいよね






わかってる








でも、そうしか思えない








俺はこの先あなたがいないと無理なんだ








あなた……









離れちゃダメだよ?










あなたは俺の……

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

lia@
lia@
#보라해 #紫してる #アミしてる フォローしてぇぇえ 結構寂しがりw←自分で言うとかキモイね 今思うこと 사랑해요 ポゴシプタ 私に人生のときめきをくれた人 色をくれてありがとう 周りにはそれだけ?って思うようなことでも、喜べるし、泣ける #so what #Magic Shop #lights
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る