第4話

図書隊の笠原郁と清本瑠璃です!
堂上篤
堂上篤
またっく、個人情報書いたままじゃないか
小牧幹久
小牧幹久
どれどれ?これが、連れ戻されちゃう文面か?
そこには、「お父さんお母さん、こんにちは。私は、念願の図書隊には入隊し、毎日軍事練習に、励んでいます。」
堂上篤
堂上篤
親に、許可もらったんじゃないのか?
小牧幹久
小牧幹久
まっ、そういうことでしょ。てゆうか、堂上相当きらわれてんなwもっと優しくしたら?
堂上篤
堂上篤
あいつらは、ここに、きてはいけないんだ!これで、へこたれるぐらいだったら、辞めればいい…
小牧幹久
小牧幹久
でも、彼女達スゴいんでしょ。
体力とか。じゃあ決まりじゃない?
タスクフォース?
堂上篤
堂上篤
体力だけで決まらん、あたまもな。
tomorrow      笠原side



ふぁー、きょうも自分頑張った!
事務のおばさん
あの、笠原さん?
笠原郁
笠原郁
へっ!?あっ、なんですかー?
事務のおばさん
えっとね、笠原さんと、清本さんかな?これ渡しといてっていわれたんだけど
と言われ、二つあるうちの 自分の名前が書いてある方開けた。 何とそこには、「あなたを、関東特殊部隊に、任命する。」
エエエーヤバミーーーーーーー!!!!!!!!!
早く瑠璃にいわないと!
清本瑠璃
清本瑠璃
おっ、郁!どうしたのこんな顔して?
笠原郁
笠原郁
こ、これを…
清本瑠璃
清本瑠璃
ギャーーー、なに、特殊部隊だって
笠原郁
笠原郁
(うるせーw)
清本瑠璃
清本瑠璃
とりあえず、こういう時ってあのー、司令室だよね。早く行こう!!
in司令室   瑠璃side
うわー、めっちゃめちゃ緊張する…
あれ、もう一人いるんだ~
笠原郁
笠原郁
あっ、こんにちは
あんたも、特殊部隊?
なんかスゴいよね、ウチまさか選ばれルと思わんかった~~(m´Д`)m
こいつばかだなって思われるぞ、おい!
手塚光
手塚光
( ̄ー+ ̄)フッお前の場合はな
笠原郁
笠原郁
(何こいつチョーむかつく)
清本瑠璃
清本瑠璃
郁!
手塚光
手塚光
コンコン!失礼します手塚光三等図書士入ります!
あっ、先越された!
清本瑠璃
清本瑠璃
失礼します清本三等図書士入ります!
笠原郁
笠原郁
あっ、笠原三等図書士入ります!
ガチャ
笠原郁
笠原郁
エー!おじさんナンデココニ?!
笠原郁
笠原郁
マジでか!!!!!!!!!!!!!!
清本瑠璃
清本瑠璃
(うわー,びっくりしたー…ウン?!ちょっと待て、司令をおじさん呼び!馬鹿)

ちょっと郁!司令だよ
手塚光
手塚光
司令もしらないのか…
堂上篤
堂上篤
どアホが!😠
小牧幹久
小牧幹久
ニヤニヤ😂
稲嶺指令
えー、手塚光三等図書士、笠原郁三等図書士、清本瑠璃三等図書士を関東図書隊特殊部隊に、命名する。
手塚光
手塚光
手塚光三等図書士受け取りました
清本瑠璃
清本瑠璃
えっ、まさか教官達も、
笠原郁
笠原郁
タスクフォース?!
堂上篤
堂上篤
それで、悪いか?
堂上篤
堂上篤
お前らが、この間やらかしたことで指導不足
だと思い知った。
笠原郁
笠原郁
清本瑠璃
清本瑠璃
やらかしたこととは、?