無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

821
2019/06/19

第7話

変わった
あなたは次の日学校を休んだ。
その次の日もその次も、
それから、1ヶ月経った
俺達はあの日以来いじめをやめてあなたを全力で守ることを誓った
そして、謝りたかった。
でも、会えない
もう学校に来ないんじゃないかと思っていた
教室
シルク
シルク
あなたもう学校来ないのかな…
ンダホ
ンダホ
僕たちがここまで追いつめたんだ…
モトキ
モトキ
ねぇ…最近変なことを想像しちゃうんだけど
マサイ
マサイ
なんだ?
モトキ
モトキ
死んだりしてないよね…
ザカオ
ザカオ
確かに…あそこまで傷つけたら無いこともない
ダーマ
ダーマ
それにかんしては大丈夫だ
Twitterは毎日更新されてるから
ぺけたん
ぺけたん
良かった…
桃菜
桃菜
【また、あなたの話かよ…】
そして突然ドアの開く音がした。



入り口にクラスメート全員の目がいく



全員目を疑った
教室に入ってきたのはあなただった




紛れもなくあなただ





でも、姿が変わっている





ロングだった髪はショートになり、制服はシャツのボタンをあけ、下に黒のTシャツを着ている状態。
元々、校則は緩かったので制服の着方も自由だった。

でも、一番目を疑ったのは…











あなたの片目が赤色だったのだ
シルク
シルク
なぁ
あなた

なに

シルク
シルク
髪切ったのか…?
あなた

見たらわかるでしょ。てか、あんたには関係ない

シルク
シルク
俺…本当に悪いことした。お前を傷つけた。許されないことだってことはわかってる でも、お前に許されるまで謝る。 本当にごめん… また、仲間に戻ってくれないか?
モトキ
モトキ
僕もごめん…僕たちは本当に弱かったんだ。
マサイ
マサイ
俺もごめん…また仲間に戻って欲しい
あなたが机に、座りアグラをかく
あなた

ふっ…

ンダホ
ンダホ
どうしたの…?
あなた

はははははははははっ!WW

シルク
シルク
あなた…?
あなた

あんた達バカなの!?裏切り者を仲間に戻すなんてWWバカすぎて笑っちゃうW

ザカオ
ザカオ
あなたは裏切り者じゃないよ!
あなた

あんた達が言ったんだよ!(近くの椅子を蹴る)

みんな
ビクッ
あなた

ねぇ私が何でこんなことになったか、学校に突然来たか。教えてあげようか?

あなた

私の前の性格と今の性格は変わったの。まあ、前の性格を天使として見たら、今の私は悪魔ねW
あんた達のおかげで私の中の天使は傷つけられた。立ち上がれないくらいにね
そこで、無傷の悪魔が立ち上がったのよ♡ もう一人の自分よ だから、赤目なのよ
あと、前の性格は偽りで今の性格が本当だから
幼なじみのモトキならわかるよね♡

マサイ
マサイ
そうなのか!?モトキ
モトキ
モトキ
うん…
あなた

あと一つ、私が突然学校に来た理由はね…


 








あんた達に復讐するためだよ

ダーマ
ダーマ
本気言ってるのか
あなた

当たり前でしょ?何だっけ…やられたらやり返す倍返しとも言うでしょ

シルクの胸ぐらを掴む
あなた

あんた達がしてきたことを全部教えてやるよ

シルク
シルク
……【俺らはこんなになるまで追い詰めていたのか】
あなた

じゃあ…楽しもうね♡









あなた












本当にごめん