無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

751
2019/06/15

第3話

ライバル
翌日の昼休み教室
桃菜
桃菜
ねぇ~シルク君 話あるからちょっと来てくれない?
シルク
シルク
あーわかった ちょっと行ってくるわ
あなた

いってら~

マサイ
マサイ
シルクいないけど外でドッチボールするか?
モトキ
モトキ
やろやろ
ザカオ
ザカオ
外行こ!
放課後
あなた

みんな~帰ろ!

シルク
シルク
おう
あなた

そういえばシルク桃菜と何はなしたの?

シルク
シルク
告白された
あなた

あーね

あなた

返事したの?

シルク
シルク
断ったよ 元々苦手な奴だし
あなた

そっか

マサイ
マサイ
はよ帰ろうぜ
あなた

うん!ダホちゃん早く~!

ぺけたん
ぺけたん
おいていくよ!
ンダホ
ンダホ
あ~待ってよ~!
桃菜
桃菜
【何あれ…私はシルク君に断られたのに あの子と何であんなに仲良いのよ! ムカつく…】
綾音
綾音
桃菜~帰ろ!
桃菜
桃菜
ねぇ…あなたの事どう思う?
綾音
綾音
え?
桃菜
桃菜
うざくない?シルク君達とあんなに仲良くて、綾音はモトキ君の事好きでしょ?どうなの?
綾音
綾音
ウザイよ!七人の王子って呼ばれてる人達とあんなに仲良くて!私や桃菜の方が可愛いのに
桃菜
桃菜
じゃあさ…(何か続けて言う)

LINEで
桃菜
桃菜
シルク君
シルク
シルク
ん?
桃菜
桃菜
明日また話があるんだけど、フィッシャーズの皆もきてくれない?あなた抜きで
シルク
シルク
わかった。いいよ
桃菜
桃菜
ありがとう♡