無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

792
2019/06/21

第9話

思い
あれから一週間たった
あなたは俺らに、悪口を言ったり水をかけたり俺らがしてきたことをやり続けた
あなたが教卓に立つ
あなた

ハーイみんな注目~!私は裏切り者達に復讐して来ました!
でも、それも今日で終わりです!
それではサヨウナラ

あなたが教室から出て行く
シルク
シルク
あなた!どこ行くんだよ!
あなた

あなた達の望み通りにしてあげる

あなたが走り出す
シルク
シルク
待て!あなた!お前ら行くぞ!
屋上に行く
あなた

風が気持ちいい…今日で最後だ

シルク
シルク
あなた!
あなた

こないで!

シルク
シルク
ここに来て何する気だ!
あなた

言ったでしょ?望み通りにするって



















死ぬのよ

みんな
!?
シルク
シルク
やめろ!
あなた

あんた達が望んだんじゃない!私はあんた達を最後まで信じてたんだ!でも裏切った
だからもう私に生きてる意味なんてない…だからよ

ぺけたん
ぺけたん
あなた死ぬなんて言わないで!
ダーマ
ダーマ
俺らが悪かった…だから死なないでくれ
ンダホ
ンダホ
僕らが絶対守る!もう裏切らない!
モトキ
モトキ
あなた!こっちに来て!
マサイ
マサイ
やめてくれ!
ザカオ
ザカオ
あなた!
あなた

うるさい!うるさい!私の事なんてどうでもいいんでしょ!だから…だk

シルク
シルク
ごめん…ごめん(抱きしめる)
あなた

うっ…(泣く)バカァ!シルクのバカァ…!みんなのバカァ…!うわぁぁぁ…あああ

ザカオ
ザカオ
ごめんね
マサイ
マサイ
ごめん絶対守るから
モトキ
モトキ
ごめんねごめんね
あなた

(赤色だった目が戻る)

ぺけたん
ぺけたん
ごめん
ンダホ
ンダホ
怖かったね…ごめんね
ダーマ
ダーマ
ごめんな…
あなた

うわぁぁぁああああ(泣)







シルクsaido







絶対守るから