無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

☪* 放課後 ☪*
ー家ー

貴)いや〜疲れたな

亮)今日は呼び出しもあったからな笑

真)え!?何があったの?

貴)女子3人組に呼び出しと監禁された

真)え!!!

亮)されると思ってた

真)どゆこと!?

貴)まぁ...私の手にかかれば
あんな鍵ちょろい♪

亮)あの顔笑うよな(笑)

貴)それ!まじ声上げて笑う所だった(笑)

亮)何も知らないって怖いよな(笑)

真)気を付けろよ、?

貴)わかってるよ!
大丈夫!

亮)まぁでも気を付けねぇと
切りつけられちゃったりしたら
仕事に響くだろ

貴)私の体に傷は付けないよ
そんな事があろうなら
殺っちゃうもん

真)いや、ダメだから!

貴)え〜...ふふ(黒笑)

亮)こ、こわ...

真)怒らせちゃダメだからな、?

亮)わ、わかった

貴)そんな怖い?

亮)ちょっと殺気がさ、

貴)うふ♪

真)あ、そうだ2人とも

亮)ん?

貴)なに?

真)パートナーになって初仕事だよ