無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

☪* 私の生活 ☪*
それから放課後になり
今は坂田さんに学校を案内してる所

貴)じゃあこれくらいかしら

あ〜やっと終わった
まふさんにマカロン買ってもらわなきゃ

亮)夜風さんってクラスに
溶け込めてないの?

は?急になんなの?

貴)どうして?

亮)顔も見えないようにしてるし
話してないから

貴)あまり、人に興味がないの
クラスの人と話してもつまらないし

亮)ふ〜ん

貴)じゃあ私は帰るので

前髪は目にかかるギリギリで
腰まである黒髪それに伊達メガネ
それに基本マスクしてて
陰キャだよな〜

私は学校を出て少し人が少なくなる
裏路地につくといつもメガネとマスクを外す

貴)はぁ、疲れた

そして、私はケータイをとりだし
あの人に電話をする

ピッ

貴)あ、もしもし

真)) あなたかどうした?
もう学校終わったのか

貴)今日マカロン買ってよ

真)) はぁ!?どうしてそうなるんだよ笑笑

貴)だって、食べたいんだもん

真)) まぁいいや笑
いつものやつでいいんだろ?

貴)うん!!

真)) はぁ、買っといてやるから
気をつせて帰ってこいよ?
変な奴に絡まれても殺すなよ?笑笑

貴)変な奴に絡まれるなんて事
あるわけないでしょ?

真)) わかってないね〜笑笑
まぁいいや、早く帰ってこいよ

貴)は〜い

ピッ

そして、私はいつもの道に出て
しばらく歩くと私の家

ガチャッ

貴)まふさ〜ん!!!
た〜だ〜い〜ま〜!!!

ドッドッド

ガチャッ

真)うるさい!笑笑

貴)も〜、いつもの事なんだから
いい加減慣れてよね〜!

真)慣れたかねぇよ笑
おかえり

貴)ただいま!

これが、基本の私の生活
学校に行ってそれなりの勉強をして
帰ってまふさんと遊ぶの