無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

☪* 服の仕立て ☪*
貴)ん〜!マカロン美味しい!!

真)なぁ、昨日の血が
落ちないんだけど

貴)え〜嘘でしょ
新しいの買わなきゃいけないの?

真)いや、お前が悪いんだろ笑

貴)だって!騒ぐからさ〜
夜中でも騒がれちゃ人来ちゃうのに

真)まぁそうだけど笑
そういや、今日転校生来たんだろ?

貴)あ、もう聞いたの?
はやいね〜

まふさんはうちの学校の
校長と古い友人だそうで学校の事は
すぐにわかるんだって

真)どうだった?

貴)あ〜、特に気にしてなかった
でも私の隣なんだよね

真)変な事勘づかれんなよ?

貴)私もプロよ?
そんなへまするわけないじゃん

真)そうだな笑とりあえず、
新しい服仕立てに行くか

貴)は〜い、

私の服を仕立てるのはいちお裏社会の人で
なんか、まぁ私もよくわかってない笑
でも裏社会だからバレることはないよね

カランカランッ

真)お〜い!
ひかる〜

照)うるせぇな〜、
人が寝てんだから起こすなよ、

貴)あ!照さん!

照)お、あなたじゃねぇか

この人が裏社会の人で私達と
一緒に動いてる神崎照さん

真)俺と違くない!?

照)あなたは特別だからな
マカロンあるぞ

貴)ホントに!?食べる!!

照)で?真冬なにしに来たんだ?

真)あ〜新しい和服を仕立てに

照)また汚したのか

はぁ、とため息をつかれる
まぁ今月で3回目だからね笑笑
みんな騒ぐんだもん

貴)私も出来れば汚したくないのよ?
でも、ね〜、

照)はぁ、まぁいい
今回はどんなのがいい?

真)あなた、俺買い物行っとくから
迎えに来るまでここで待ってろよ?

貴)は〜い

真)じゃああなた頼んだ

照)おう

そしてまふさんがいなくなり

貴)丈は前と同じがいいな〜
あのくらいが丁度いい

照)じゃあ生地は?

貴)ん〜とね、ベースは黒で
いつものマークをどっかに入れて欲しいな
あとは、柄を紫と薄ピンクで
帯は紫ね

照)前とそんなに変わらねぇな笑

貴)たしかに笑
あ!そうだ照さんのお店って
なんか武器売ってる?

照)まぁあるけど
なんか欲しいものでもあんのか?

貴)小刀を新しくしたいな〜って思っててさ
斬れ味良くてコンパクトで長持ちするやつ!

照)ん〜あ、あれならいいかも
じゃあ服と一緒にあとで持ってく

貴)うん!