無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

☪* 友達 ☪*
真)ったく、あなたは
いつも無茶するんだから

貴)あはは...
いつもごめんね

亮)行った時自我が完全になかったから
ちょっとビビったよ(笑)

真)完全に切れるなんて
珍しいね

貴)ちょっと私らしくなかったな
なんかおかしかったのかも

真)まぁ亮介がいてよかったな

貴)ほんとに感謝してます

亮)もっと感謝しろ(笑)

貴)あ、やめよ(笑)

亮)おい!(笑)

真)そうだ、劉はどうした?
結局殺したの?

貴)あ〜、うん

真)そっか
まぁ、きっと大丈夫だよ
怖いのは劉には雇い主がいる
しかも輝夜姫を最初に欲しがったのは
主人の方だからな

貴)きっと大丈夫だよ

真)そうだといいけど

亮)あなたは気を付けろよ?

貴)もちろん

亮)今日の学校だりぃな

貴)相原さんの様子みたいから
今日は行かないと

亮)まぁそうだな
俺も頑張るか

貴)帰りにマカロン買って帰ろ

亮)俺はチーズケーキで

真)俺はショートケーキ

貴)え、

亮)え、

真)え?ダメ?

貴)どうしよっかな...

真)唐揚げ

貴)むむ、よしショートケーキだね

真)よし!

亮)お前は簡単か(笑)

貴)好きな食べ物にはちょっと...

真)さ、今日も頑張るよ

貴)は〜い

亮)うぃ〜

ー学校ー

静)あ!あなたちゃんおはよ!

貴)あら、相原さん
今日は来てたのね

静)もしかして、心配してくれた?

貴)まぁね、

亮)ずっとソワソワしてたよな

貴)ちょっと、

静)...

貴)相原さん?どうしたの?

ギュッ

貴)わっ、!

静)あなたちゃん大好き!!

貴)え、ど、どうしたの?(照)

亮)お、照れた
流石だな相原

静)助けてくれてありがとう
あなたちゃん坂田くん

貴)え?

亮)え、

まさか、見てたの?
どこからどこまでを...?

静)誰にも言わないよ
私、まだ死にたくないし(笑)
それに恩人だもん裏切らない

その目は、嘘をついてるような目じゃない

貴)ふふ、何の事かしら
相原さんはまだ死なないわよ((ニコッ

亮)フッ、そうだな

静)ホント?よかった〜(笑)
あ!今日も3人でお弁当食べよ?

貴)そうね、そうしましょ

亮)昨日は相原いなくて
あなたが寂しそうにしてたしな

貴)それ関係ないわよ

静)だんだん距離が近付いてる(´。✪ω✪。`)

貴)ふふ、

お母さん。
私にも、とっても素敵な
お友達が出来たみたいです