無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

☪* 複雑な気持ち ☪*
今日はこの前相原さんと約束した
買い物の日、今待ち合わせ場所の
デパートの大っきい木の前にいる

静)あなたちゃ〜ん!

貴)相原さん

静)待たせちゃった?
ごめんね?

貴)大丈夫よ
まだ来たばかりだったし

静)ホント?

貴)ええ

静)あなたちゃん
私服も清楚なんだね!!

貴)そうかしら?

昨日まふさんに買ってもらったの!
私普段こんなザ!清楚女子!
みたいな白いワンピースなんて着ないし

静)うん!じゃあ行こ?

貴)そうね

それから、雑貨屋さんを見たり
服屋さんをみたいりして買い物をした

貴)意外と早く終わったわね

静)そうだね〜!
時間余っちゃったね

貴)カフェにでもはいる?

静)そうだね!

ーカフェー

貴)相原さんの彼氏って
どんな人なの?

静)ん〜とね、年上の人なんだけど
大学1年生なの

貴)結構年上なのね

静)バイト先で知り合った人なの!
それでね?とっても優しくて
いつも私を優先してくれるの

貴)いい人ね

静)うん!記念日も絶対会ってくれるの

貴)愛されてるのね

静)あなたちゃんはやっぱり
坂田くんが好きなの?

貴)へ?

亮介?なんで?

静)だっていつも一緒にいるでしょ?

貴)そ、うね

静)好きなの?

亮介の事を好き?
そんな事考えた事なかった、

静)あなたちゃ〜ん

貴)あ、なに?

静)坂田くんとお似合いだと
思うけどな〜

貴)そうかしら、
わかんないわ

静)じゃあじゃあ!
例えば〜坂田くんが女の子と
手繋いだりハグしてたりキスしてる所
見たとしたらどう思う?

そんなん、嫌だ
でも、なんで嫌なんだろ...

貴)...嫌だ、

静)やっぱり好きなんだよ!

貴)...まだよくわかんないや、

静)まぁまだこれからじゃない?
私は応援するからいつでも相談してね!

貴)ありがとう😊

静)そろそろ帰ろっか!

貴)そうね!

その後、相原さんと別れて家に着くまで
ぼ〜っと亮介の事を考えてた

亮)あなた?

貴)ふぇ?り、亮介、!

ぼ〜っとし過ぎて目の前にいた
亮介に気付かずめっちゃ驚いてしまった、

亮)なんだよ、(笑)

貴)な、なんでもない

亮)何そんな動揺してんの?

貴)なんでも、

亮)変なの(笑)

その日はもうずっとこの調子、
亮介を避け気味になっちゃってて...
気付けばもう夜だよ...

貴)うぅ、なんなんだろな〜

コンコンッ

貴)ん、?亮介?

亮)そうだけど、入っていいか?

貴)うん、

ガチャッ

やっぱり今亮介を変に意識してしまうな、

亮)なにがあったの?

貴)え?

亮)今日のお前おかしいぞ?

貴)いや、別に...

亮)なんで俺と目合わせないの?

貴)え、気のせいだよ(笑)

亮)今だって見てないじゃん

貴)別にそんなんどうでもいいじゃん、(笑)
もう寝たら?

亮)ちょ、押すなって、!

空気に耐えられなくなった私は
亮介を部屋から出そうと揉み合っていたら

亮)わっ、!

貴)キャッ、!

ドサッ

足が絡まってベットに
倒れ込んでしまった、

貴)ッッ、!?

唇に、温かい感触...?

亮)わ、悪ぃ...