プリ小説
お題コーナー

第10話

Blood__10
ジス
ジス
あ、私日直だった!ごめん!先に行っとくね!また教室で!
あなた

うん!

あなた

(ふぅ…)

??
おい
あなた

え?

ジョングク
ジョングク
お前、ジスになんか言ってたよな?
あなた

え…?(聞いてたのかな)

ジョングク
ジョングク
誤魔化したら、お仕置きするから。来い
あなた

や、やだよっ!どこ行く気?

ジョングク
ジョングク
お前をお仕置きするための場所((ニヤリ
あなた

で、でもこれから授業だし!お仕置きはまた今度で!ごめん!じゃ!

タッタッタッ🏃‍♀️
ジョングク
ジョングク
は?ちょっ!待て
あなた

はあはあっ…

ジス
ジス
あなた!どうしたのっ!大丈夫?
あなた

じ、す…大丈夫だよ

ジス
ジス
コソッ))もしかして…グクに吸われたの?
あなた

ううん、お仕置きって言われたの

ジス
ジス
そうだったんだね…大丈夫?怪我してない?
あなた

ありがとう!大丈夫だよ

先生
おーい、席に座れ~
あなた

じゃ!またあとで

ジス
ジス
うん!なんかあったら言ってね!席近いからさ
あなた

うんっ!

先生
では、このクラスの目標を決めようと思う。なにか思いついたやつは…
あなた

(クラス目標かー)

ジミン
ジミン
あなたー
あなた

なに?いま授業中だよ…

ジミン
ジミン
なんかあなた冷たいねー
あなた

っ!べ、別に!ちょっと色々とね

ジミン
ジミン
ふーん😇それってーグクと関係ある?
あなた

え、ないよ、なんで?

ジミン
ジミン
なんとなくー?😇
あなた

ビクッ(ジミンの笑顔が一瞬怖く見えちゃった…なんでだろ…)

ジミン
ジミン
僕さ、君が隣にいたら授業に集中出来ないよ
あなた

え、なんで?集中して笑

ジミン
ジミン
だってさー…わからないの?
あなた

う、うん

ジミン
ジミン
君が隣にいたら、血の匂いがぷんぷんするんだもん😇
あなた

え、血…?

ジミン
ジミン
そう、その甘い血のせいで僕は…理性が利かなくなりそうだよっ…
あなた

(ジスが言ってた通りだ…けどここで吸われたら…他のクラスメイトにも気づかれて吸い殺される恐れが…)

あなた

ジミン…ごめんね…辛い思いさせて

ジミン
ジミン
だ、いじょうぶ…。けど、一口ちょうだい?
あなた

え、い、いま?

ジミン
ジミン
う、うんっ…じゃないと僕、君の事今ここで吸い殺しちゃうかもしれない…
あなた

そんな…

ジミン
ジミン
一口だけ、ね?いいでしょ?
あなた

…分かった…すぐ終わらせてね

ジミン
ジミン
あり、がと…
あなた

(バレたら殺される…声出さないようにしなきゃ…)

ジミン
ジミン
ガブッ!チュルルルル…
あなた

ぁ…

思わず漏れるような声を発してしまった…けど周りの人は気づいていないようだ
ジミン
ジミン
んっ…チュルル…チュプッ
あなた

じ、みん…もういい…?

ジミン
ジミン
ごめん、抑えきれない
あなた

え_

ジミン
ジミン
ガブッ!チュルル…チュプ…チュッ
あなた

うぁ…

ジミン
ジミン
チュッ…クチュ…
あなた

も、やめ…

ジミン
ジミン
チュプ…チュルル
あなた

んぁ…

ジミン
ジミン
ハッ!ごめんっ!あなたっ!ホントにごめん!大丈夫?
あなた

はぁはぁはぁ…

ジミン
ジミン
ごめん、僕…理性が利かなくなって…ホントにごめん…保健室行く?
あなた

だ、大丈夫っ…

倒れそうになる直前にジミンが吸うのをやめてくれた。
あのまま吸われ続けていたら、みんなに気づかれて吸い殺されていたかもしれない___
そう思うとすごく怖くなってきた。
作者🐇❤️
作者🐇❤️
あなたさん!久しぶりです!
小説出すの遅くなってすみませんでした!
次回からなるべく早く出せるように頑張ります!
読んでくださってありがとうございます!
それではアンニョーン🙋

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お題コーナー
蜂蜜れもん♡🍋♡
蜂蜜れもん♡🍋♡
안녕👋💕蜂蜜れもんいむにだ🙋 방탄소년단 사랑해요🕊️ バンタンの小説書きます☻ ❥ ❥ ❥ 🔫 グク激強めのテテよりのall