前の話
一覧へ
次の話

第14話





TH「俺じゃ……ダメ、かな」

















『テヒョンじゃなきゃ……いや』
















そういうと一層握る力が強くなる




























『約束、守れたね』




TH「うん、俺すっげー嬉しいや」








『私、テヒョンに触れてる、よ』




TH「あなたってこんな手小さかったんだ」




『ばかにしないで』




TH「ごめんごめんㅎㅎ」

























あなた、って呼ぶと、なぁに?なんて返事してくるから可愛くて可愛くてキスを落としてやった。
















TH「その顔反則」
























そして俺らは何度も何度もキスで愛を確かめあった