無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

高校生
あなた
あなた
やべ!こんな時間じゃん
そう思ってたあなたは急いで準備していた
その時インターホンがなった
ピーンポーン
あなた
あなた
はーい
七海
七海
迎えに来たよー
お母さん
七海ちゃん迎えに来たよー
早くしなさい!
七海
七海
大丈夫ですよー
お母さん
毎日ごめんね
あなた
あなた
分かってる!
今行く!
ドタバタと階段を下って玄関に到着ー
あなた
あなた
いってきまーす!
お母さん
いってらしゃい
あなた
あなた
ごめんねー七海ー
七海
七海
全然いいよー
颯人
颯人
お姉ちゃん待ってよ
あなた
あなた
七海ごめん!颯人もいいかな?
七海
七海
あっうん
あなた
あなた
ありがと!
颯人
颯人
おはようございます
七海
七海
おはよぉ
七海
七海
ねぇあなたはダンス続けるの?
あなた
あなた
どうだろう?
今はダンスに意味を感じてないんだ
悠斗
悠斗
おはよ
あなた
あなた
悠斗おはよ
七海
七海
お…おはよ
蓮
おっはー!
あなた
あなた
蓮くんおはよー
蓮
くん付やめてーあなた!
あなた
あなた
おkおk
ダンスか…なんでやるんだろ