無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

踊り手やらない?
あなた
あなた
失礼します。
七海
七海
し…失礼します。
優愛先輩
優愛先輩
あー!あなたちゃんに七海ちゃん!来てくれたんだ
あなた
あなた
あっはい
あなたはダンス部の仮入部を終えた。
そして家に帰って。スマホを見たら知らない番号から電話が来てた。
あなた
あなた
誰だろ?
(かけてみよ)
プルルルん


あっ繋がった
あなた
あなた
あのもしもし?
どちら様でしょうか?
bake
bake
俺だよ?
bakeだよ?
あなた
あなた
bakeくん?!
お久しぶりです。
bake
bake
久しぶりだねー!
あなた
あなた
うん!
何年以来なんだろ?!
bake
bake
わかんない笑
ねぇ?一緒に踊り手さんやらない?
あなた
あなた
踊り手さん…
bake
bake
俺はあなたとコラボしたいな?
あなた
あなた
いいよ?
やる?!
bake
bake
やるやる!
それじゃあ日曜日空いてる?
あなた
あなた
空いてるよ
bake
bake
じゃあさぁ
日曜日13時半にハチ公前で
あなた
あなた
おkおk!