無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

(´-ω-`)スピー
あなた
あなた
.......ごめんねみんな。
私は行きます。あっちのーーー敵国に。
あなた
あなた
みんなのことを護るため。
そう言って私は窓から出ていった。
出窓に手紙1つ置いて。
ただ
『ごめんね、みんな。ありがとう。』
そう一言書いて。
あなた
あなた
(´;ω;`)ウッ…ゥウ.......
ごめん.......ごめんねっ
12人の犠牲より私の犠牲だけなら大丈夫だから.......
あ、そういえば.......私の部屋2階だ。
まぁ死なないか。
身体能力、骨の硬さはやばいってよく言われてたし。
スタッ

ほら、言った通りだ。
あなた
あなた
.......幸せだったよ。愛していたよ。みんな。
私はそう言い、色んなことを思い出しながら走った。
あなた
あなた
(´;ω;`)ポロッ
やっぱり寂しい。でも、護るためなんだ。
敵国の指示でもなんでもない、自己判断。