無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

あー駄作臭がプンプンするぜぇえ
あなた
あなた
大先生、居るん分かっとりますで。
ガチャ ||.c( ゚ω゚`|
鬱大先生
∑(O_O;)ビクッ
聞いたよ。だからなに?どうするん?
始末するん?
あなた
あなた
いいや。みんなのことは殺さない。
護るからあっちの国に行くよ。
あっちの幹部になる。
鬱大先生
嫌、あかんって!
なんでなん?いつからあっちの国の.......
あなた
あなた
まぁ、とりあえず部屋入りなや
詳しく話してやりますよ
鬱大先生
うん.......
部屋に入って椅子に座った。
あなた
あなた
で、いつからあっちの国のスパイなんかからお話しましょーね
あなた
あなた
いつからか。それは今日の朝からやなぁ。
侵入者が入り込んだって報告の前に私の部屋に来た。報告にあった紫毛の二つくくりの子。
あなた
あなた
「この国に手は出さない、その代わりにスパイになれ。」そんな条件を私は呑んだんよ。そんなこんなでこの手紙が来て今に至る。
鬱大先生
そっか.......あなたちゃんは僕らを殺さんためにあっちの国に行くと?
あなた
あなた
そうやで。みんなのこと、好きやから。
鬱大先生
もうそろそろ昼飯やな、行こか.......
あなた
あなた
そうやなー
........................................................................................
食堂
ゾム
まだまだエミさんも食えるやろ!
エーミール
ちょっ、大食いだからってこれは無理やって.......
ショッピ
ゾムさーん!コネシマさんがまだ欲しいって〜!
コネシマ
( 'ω')チョットナニイッテルカワカラナイ
ゾム
ほんまか〜!はい!コネさん!
グルッペン
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(  ˙༥˙  )ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"
【デザートもぐもぐ中】
オスマン
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(  ˙༥˙  )ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"
【デザートもぐもぐ中】
エーミール
チ───(´-ω-`)───ン
コネシマ
チ───(´-ω-`)───ン
鬱大先生
チ───(´-ω-`)───ン
(カットされただいせんせ)
ひとらんらん
農作業行ってくる〜
あなた
あなた
頑張ってねっ!!
ひとらんらん
はーい
ロボロ
あなた〜、書類手伝ってや〜
あなた
あなた
え、無理や((
シャオロン
俺も手伝ってーやー!
チーノ
俺も〜
あなた
あなた
今日は無理っすわ
ロボロ
えー嘘やん
シャオロン
やばい書類今日までやのに.......
チーノ
俺逃げる準備するわ
あなた
あなた
(( ̄▽ ̄;;)ア、ハハハハ…
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(  ˙༥˙  )ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(  ˙༥˙  )ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"
あなたちゃんるーむ
あなた
あなた
情報だけもらって行こかな
総統室か.......
ガチャ ||.c( ゚ω゚`|
あなた
あなた
(私やってしたくないでも護るためだからね。)
㌧㌧|扉|“o(・д・c)
グルッペン
誰だ?
あなた
あなた
私です。
グルッペン
入れ
あなた
あなた
失礼致します
グルッペン
なんの用事だ?
あなた
あなた
カチャ🔫 (′ω’ )
この国の機密情報を出してください
グルッペン
なんのつもりだ?
あなた
あなた
なんでもいいから早く出せ
グルッペン
.......分かった
バサッ【情報の書類を出す】
これだ。
あなた
あなた
ありがとうございました
ではさようなら。
【出ていこうとする】
グルッペン
待て
あなた
あなた
はい?なんでしょ
【後ろを見たまんま話を聞く】
グルッペン
あなた.......お前の居場所は我々国こ   こ
だぞ?
あなた
あなた
っ.......そんなん分かっとるよ.......
ガチャッ【出ていく】