無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

次回戦争回になる予感
朝6時30分
グルッペン
いただきます。
我さんみんな
グルさん以外

いただきまーす
エーミール
.......グルさん、実はあなたさんがーーー
【夜中のことを言う】
グルッペン
は?あなたが.......華桜に?
エーミール
はい。早く伝えた方が良かったんですが
朝からグルさん、忙しくしていたので
グルッペン
.......5日後の戦争で取り返そう。
オスマン
何をめぅ?
エーミール
【説明中】
オスマン
あなたちゃんがいない理由それか.......
エーミール
.......だから5日後の戦争で取り返そう。そんな話になったんです。
オスマン
あーそっか。
ロボロ
大変や〜!!!
部屋にあなた居らーん!!!
シャオロン
は?マジで?
ロボロ
マジで。ご飯やから今呼びに行ったら手紙有った。ほら、ピラッ【手紙を取り出す】
トントン
.......どこいったんや
コネシマ
華桜や。
トントン
コネシマ.......まさか行かしたんとちゃうんか?!
ゾム
行かしてない。あなたが夜中に行ったんや。
鬱大先生
ほんまに行ったんや.......
ひとらんらん
大ちゃんどういうことなん?
鬱大先生
あなたちゃんは俺らを護るために華桜のスパイになった。でもそれがあだになったんや。スパイになれば私たちは手は出さない、その条件やのにあなたちゃんに俺らを殺せって命令したんや。
ショッピ
.......私たちは、が大切だったんですか。
あなたさんはつまり殺さないためにあっちの国の幹部になったと。
鬱大先生
そやな.......次の戦争って
元々あなたちゃんをスパイにしてグルさんから情報を抜くのを目的にしていたってことなんか.......
ロボロ
大先生が有能や.......
シャオロン
ほんまや.......有能や.......
ひとらんらん
今そんなん話すなや
ロボロ
ういー
シャオロン
ひとらんに注意されるん珍しい気がするわ
ロボロ
ほんまやな
トントン
ん?大先生の言った通りなら、グルさん情報あなたに渡した、そのまま華桜に情報が行ったってことなんか?!
(マブダチ組完全スルー)
我さんみんな
毒素以外

?!
ひとらんらん
え、グルさん渡したん?
グルッペン
あぁ。渡した。
オスマン
グルさんなにしてんの?!
トントン
もちろん先月のやつ.......よな?
グルッペン
今月のだ。
ロボロ
え.......まじか.......
俺、華桜の情報抜かなあかんやん
抜かな対等に立てへん
チーノ
頑張ってw
ロボロ
この緊迫した空気で笑う
勇気すごすぎやろ
ショッピ
結果は戦争であなたさんを取り戻す。
ということっすか
グルッペン
まぁそうだな
エーミール
頑張りましょうね