無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

13
2019/12/23

第2話

任務開始
壱岡  裕亮
壱岡 裕亮
零、今日はどんな依頼が届いているんだ?
零城 暁
零城 暁
まあまあ待て。皆が揃ってからだろ?
什來 蛍
什來 蛍
この前みたいに大怪我しないやつがいいな・・・
肆雨 月華
肆雨 月華
たしかにあれは大変だったよな・・・
任務に行ったやつが全員血だらけで帰って来るなんて。
捌巾 千尋
捌巾 千尋
怖かったよね( ˊᵕˋ ;)
弐島 遥
弐島 遥
・・・あれ、あの人たちまだ来てないの?もう集合時間なんだけど。
零城 暁
零城 暁
いつもの事だろ。
日田川 美夜子
日田川 美夜子
主に寝坊した2人と、起こしに行った1人ですね。
漆原 柚李
漆原 柚李
チッ・・・次遅れたら身体引きちぎってやろうか・・・
玖田 弥月
玖田 弥月
それなら絶対来るねw
でも、ほんとにしちゃダメだよ?
漆原 柚李
漆原 柚李
分かってます(*`^´)
たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた・・・














ガチャッ
伍藤 雷鳴
伍藤 雷鳴
すみません!遅れました!!💦
参郷 涼太
参郷 涼太
いやぁ〜寝坊しちゃった〜w
陸海 颯志
陸海 颯志
すみません!この人達起こしてました!













・・・












肆雨 月華
肆雨 月華
おい、涼太。お前は何度遅刻するなと言ったらわかるんだ?
参郷 涼太
参郷 涼太
ご、ごめんって・・・
肆雨 月華
肆雨 月華
謝りも無しに入ってくるなんていい度胸してんな。


















次があるとでも?ジャキ(刀を突き出す)
参郷 涼太
参郷 涼太
!!
漆原 柚李
漆原 柚李
ねぇ、雷。私遅刻するなってあれほど言ったよね?
伍藤 雷鳴
伍藤 雷鳴
あ、いや、えっと・・・
漆原 柚李
漆原 柚李
言い訳無用!!
伍藤 雷鳴
伍藤 雷鳴
ヒェッ・・・すいませんでした!!

















パンッ
零城 暁
零城 暁
静粛に。
零城 暁
零城 暁
まあ、陸海については分かっていたから大丈夫だ。
しかしお前ら、起こしてもらうとは何事だ?いい加減自分で起きろ。
参郷 涼太
参郷 涼太
すみませんでした・・・
伍藤 雷鳴
伍藤 雷鳴
以後、気をつけます・・・
零城 暁
零城 暁
では、皆が揃ったところで今回の任務の話をしよう。日田川、資料を
日田川 美夜子
日田川 美夜子
こちらでございます。
零城 暁
零城 暁
ありがとう、それでは説明するとしよう。



今回の事件は



あの有名な白崎財団の頭「白崎 梓馬(しらさき あずま)」が殺された。


実は既に犯人に検討は付いている・・・













白崎財団と対立していた水金財団の頭、「水金勝弘(みずかね かつひろ)」だ。


しかし、奴はなかなか薄情しないらしい。
目撃者も居らず、証拠も無しという訳だ。

そこで、お前らにはその真相を突き止めて欲しいと思っている。

それからもう1つ。

あの白崎家の地下には奴隷を溜めているという噂だ。
所詮噂、と思うかもしれないが、念の為見てきてくれ。

それじゃあ、今回は


家宅捜索を壱岡・陸海・捌巾


尋問を参郷・漆原・什來


聞き込みを弐島・伍藤


指紋の調査を玖田


肆雨は手が足りないとこを手伝ってやってくれ。







零城 暁
零城 暁
俺からは以上だ。なにか質問はあるか?















ダンッ
参郷 涼太
参郷 涼太
はいはいはーい!!もし、薄情しないときは拷問してもいい!?
零城 暁
零城 暁
少しは落ち着いてくれ・・・(汗)



もちろん、それで吐いてくれるのであれば問題はないぞ。

他には・・・なければ早速取り掛かってくれ。何かあればすぐに通信機を使え。分かったか?
全員「「「はい!」」」

























































『さあ、任務を始めよう。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜おまけ〜
波狼
波狼
ども〜^^*波狼です!
突然ですが、この小説の説明をさせていただきたいと思います!
簡単に言うと、この小説は大正時代を舞台に謎解きをしていく物語を書いたものです。

ただ、この小説の中では「こんなの大正時代には無いぞ!!」という物も沢山出て来ると思います←「作者は通知表が社会だけ3でした・・・」
そこは、作者自身が勝手に妄想して作っているので見逃してもらえたら・・・と思います。

今の所、終わりは無いです・・・(←オチが思いついてないだけ。)



しかし、キャラクター達の過去などはちょっとずつ明かしていこうかと思います。


この小説が好評であれば、YouTubeなどで動画化してアップするかもしれないので、是非此方の小説を沢山読んでください!!(✿︎´ ꒳ ` )

そして、次回からのおまけはキャラクター達の雑談や茶番などになるので、最後まで読んでくれると嬉しいです♪
波狼
波狼
ということです(*`・ω・)ゞ

僕は気まぐれちゃんなので、更新は適当です( ˙꒳​˙ )
狼青
狼青
自分で言うなよ。


あ、どうも。この馬鹿妹の兄、狼青(ろうあ)です。これからもちょこちょこ出るからよろしく。
波狼
波狼
(兄ちゃんって裏表あるんちゃうか・・・)
狼青
狼青
なんか失礼なこと思わなかったか?
波狼
波狼
いーやいやいやいや!(焦)なんとも思ってないっすよ!
はい、それより早く切りましょ!
狼青
狼青
んー・・・まあ、いいや。
よし、終わろう。
波狼
波狼
せーの




「またね!/な。」









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回、尋問部屋side