無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

BTSとの出会い
6月のある日
外はすごい雨だった
미호は傘を持っていなかった
?
風邪引くよ?
誰かに話しかけられた
미호
미호
!?
怖くて顔が見れない。
でも傘に入れてくれた
?
びしょびしょじゃん!
大丈夫?
미호
미호
(ん?何か聞き慣れた声...これはまさか!?)
と思い顔を見たら...
미호
미호
Σ(OωO )ビクッ!?
まさかのジンだった!?
미호
미호
な、何でジンがここに?
ジン
ジン
何でってここに住んでるからだよ笑
미호
미호
そ、そっか…
ジン
ジン
とりあえず自己紹介とかは後でにして
家に来なよ!
미호
미호
え〜!?
良いんですか?
ジン
ジン
何だよ急に敬語になって〜
미호
미호
だ、だって有名のBTSとタメ口はダメかな〜って思ったから…
ジン
ジン
笑笑気にしなくていいんだよ!
堂々とタメ口使って!
미호
미호
う、うん!
ジン
ジン
じゃあ家にしゅっぱーつ⊂('ω'⊂ )))Σ≡GO!!
미호
미호
(`・∀・)ノイェ-イ!
これが幸せの始まり