無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

大切なもの その3 サガセ
黒木
黒木
怪しいと思いつつも中身をみた…それは黒木に挑戦状とも取れる内容が書かれていた…手紙の内容は以下の通り…

死神探偵 黒木 有へ
初めまして…いや、私にとってはお久しぶりですね…ええ、そうです。私はかつてあなたに会ったことがあるものです。私が誰なのか…あなたの推理で当ててみては?さてそれはさておき…この街にやってきた白雪マフィンズさんを誘拐させて頂きました。今から30分経ってもあなたが来なければこの子の命はないでしょう。さて、私はこの街のどこかにいます。それはあなたも知ってるところです。さぁ…どこにいるのか推理してそのに来なさい。私は白雪マフィンズさんとそこで待ってましょう…。ヒントくらいは渡しておきましょう。ヒントは…時代とともにそこにいる人もそこも変わるところです
黒木
黒木
…なるほど。このヒントを元に推理しろと…時代とともにそこにいる人も…そこも変わるところ…?…多すぎる。仕方ない、このヒントだけではあちこち回るしか…
まずは公園へ向かった黒木…
黒木
黒木
公園は…中にいる人は時代とともに成長して新しい子供が入ることで変わり…整備があることでそこ自体も変わる…ですが、さすがにこんな所には…ん?
ベンチの上にまた怪しい手紙があった。やはり黒木有へとある。また中身を見ることに…内容はry

あなたなら最初にここに来ると思いましたよ。そんなあなたに次のヒントです。人じゃない動物もいます
黒木
黒木
…人じゃない動物も…
そのヒントを元に次は動物園に向かった…
黒木
黒木
ここも時代とともに動物が変わる…人も変わる…そして人じゃない動物も…ん?
今度は珍しいメダカの水槽の前に手紙が…よく誰も盗らないな…と黒木は思いつつもその手紙を読む…内容はry

だんだんと真相に近寄ってますね死神探偵殿。さて、このヒントで最後にしましょう…今あなたがいる動物園のなまえを思い出してみなさい
黒木
黒木
この動物園の名前…メダカの水槽の前に置かれた手紙…時代とともにそこにいる人もそこも変わる…動物がいる…動物園…公園…どれも違う………!!!!!!!…そうか。
黒木は店員に動物園の名前を確認した…この動物園は……

永世動物園
黒木
黒木
そうだったのか…!時代とともに学生は入れ替わり…時代とともに学校のシステムも変わって…人以外の動物がいて…永世と着くのなら…!ここしかない…!
黒木は永世小学校の前にいた…。しかし、正門は閉まっている…。黒木は違法と分かりつつも仕方なく門を乗り越えて中に入った。学校のドアは閉まっているはずだが…今日は…空いていた