無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

舞い降りた死神 その5 解決
K
K
更新がかなり遅れて申し訳ないです。できる限り更新していくつもりですのでご勘弁を…。では次から本編です
事件関係者が集められた…。万宮の妻、そしてそこにいた人達もまたしかり…集まったのを確認して黒木は騙り始めた…
黒木
黒木
お集まりいただきありがとうございます。今回ここで起きたのはご存知の通り有名な絵描きである万宮氏の殺人です…。状況より毒矢によるものだろうと…でも問題は誰がどうやってこれを発射したか…
水樹警視正
水樹警視正は黒木の実力を図るかのように腕を組んで見ていた
黒木
黒木
…確かに普通なら難しい事件ですが…私をごまかせる程ではなかったようです。これから、この事件の死神を明らかにしてみせましょう
万宮の妻
黒木
黒木
まず犯人です…
苅田警部
いきなり!?犯人から入るんどすか!?
黒木
黒木
ええ。原因は明らかなので…。万宮氏はメイド達と不倫していた見たいですしね…ねぇ、奥さん。…今回の事件の死神は…あなたですね
万宮の妻
なっ!?わ…私ですか!?
黒木
黒木
ええ…メイド達からお話は聞きました…不倫のことでとても機嫌を悪くされていたとか…。でも、奥さんは万宮氏を愛していた…だから許してあげよう…そんなことを考えていたのでは?
万宮の妻
そ…それは
黒木
黒木
けど、許せないことが起きてしまった…。不倫のことは耳にしていましたが、実際には見たことは無い…。けど、不意にそれは叶えられたんです…。とあるメイドさんが教えてくれましたよ、昨日の夜…万宮氏とそのメイドさんの不倫現場を…奥さんが見ていたとね
万宮の妻
!!!
その場にいる全員が驚いた…原因は単純明快、不倫のもつれによるものだった…。そうして黒木は話を続ける
黒木
黒木
そうそう、現場に落ちていたシミですが…あれは水です
苅田警部
水?水が何か関係しとるんですか?
黒木
黒木
ええ…実に簡単なことです。あれは…氷が溶けたんです
万宮の妻
!!
白城
氷?…!まさか
黒木
黒木
…そう、氷を使ってしっかりと引っ張った弓を床か何かに固定したんですよ
そこにいる全員がはっ!とされられた
水樹警視正
なるほどね…機械的に見せたのはスイッチが出なくて操作を行き詰まらせるための偽装工作…
黒木
黒木
そうです…氷は時間が来れば勝手に溶ける…あなたは万宮氏が立つ位置を計算してその方向に向けて弓を構えて…自動的に発射させたんですよ…憎きものを断罪する刃をね…
万宮の妻
…証拠は…証拠はありますの?
黒木
黒木
証拠…ないと思いましたか?
万宮の妻
え…?
黒木
黒木
あなたも見落としていたんですよ、ついつい人は何かしらを見落としてしまうもの…。完璧な人、計画なんてこの世には存在しないんです。その証拠は…
万宮の妻
そんな!!完璧にやったはずよ!あいつをしっかりところ…!!!!!!ま…まさか…
水樹警視正
…そういう事か
黒木
黒木
そう…証拠は…貴方の自白です
黒木はポケットから録音モードにしていたボイスレコーダーを取り出した…万宮の妻は膝から崩れ落ちた
万宮の妻
……
黒木
黒木
…ね、人は完璧じゃないんですよ。どんなにその計画の時完璧にしても…後の処理でひとつ間違えたら…こんな感じであなたは犯罪者です
万宮の妻
あいつが…あいつが悪いのよ!!全部…全部!!!!
…こうして万宮の妻は京都府警に逮捕された…。
白城
…不倫のもつれですか…
黒木
黒木
あなたはまだ知らないでしょう…けど…人の愛情は時に…人を憎む凶器に成り果てるんですよ…
舞い降りた死神編Fin