無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第50話

突然ですが…
K
K
死神探偵のスピンオフ出したい
黒木
黒木
へぇー、そうなんですね(パソコンをカタカタ…)
白城
正直どうでもいいです(本を読んでる)
灰岐 警部
どーせただの気まぐれだろ?(スマホを操作してる)
K
K
少しは真面目に話を聞いてよ!?
灰岐 警部
あのなぁ…(スマホをしまい)第一スピンオフ作品ってのは人気の作品の特権やぞ?こんなチンケな小説がスピンオフ出したって人気出ないだろ
K
K
夢を持たせてくださいっ!!((´;ω;`))
黒木
黒木
まぁまぁ、スピンオフ作品を出すのはいい事だと思いますよ(パソコンを閉じる)…問題は内容をどうするかです。取り上げるようなことはありますかね?
K
K
そこなんだよ、俺はそこで悩んでるんだァ…
灰岐 警部
じゃあよ、こういうのはどーよ
K
K
提案提案?どんどん頂戴
灰岐 警部
灰岐警部の夜飯の流儀とか…?
K
K
…それって
黒木
黒木
……私も聞いたことがあります
白城
野⚫ひろ⚫の昼飯の流儀のパクリですね
灰岐 警部
それを言うな!!出してしまえばこっちのもんだ!!◀️
黒木
黒木
え…ええ…それはちょっと
K
K
他にないの?パクリはなしだよ?
白城
美味いんだぼーとか
K
K
それも完璧なるパクリだよね!?
K
K
真面目な意見出して!!真面目な意見!!
黒木
黒木
…ここは読んでくれてる方に聞いてみるのは?
K
K
コメントしてくれるかなぁ…?
灰岐 警部
視聴者に募集か、それもいいな!なんでもやってみないと分からねぇもんだぜ!
K
K
わ、分かったよ…というわけで皆様、死神探偵のスピンオフ作品の題材を募集します。コメント欄に書いてください。
白城
…本当に来るんですか?
K
K
辞めてっ!!
ご応募お待ちしております

by主