無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

お金の力 その1 遭遇
今日は黒木と白城は依頼主の家の元に向かっていた…白城はその依頼主が嘗ての友人である…ということを聞かされていた
白城
どんな人なんですか?そのご友人さん
黒木
黒木
んー…着けばわかりますよ
依頼主のアパートに着いた…。近くのコインパーキングに車を停めて彼らは降りた
白城
アパートですか…。
黒木
黒木
ええ…2階の206です
黒木に導かれるまま白城は2階の206へ…そして黒木はドアをノックした
赤來(あかき)
よう、よく来てくれたな!
黒木とは対照的に明るい印象を受ける人物だ…この人が今回の依頼主のようだ…。身なりもいいとは言えない。
白城
この人ですか…
黒木
黒木
ええ、私の大学の同級生です…赤來さん、彼女は私の助手の白城さんです
赤來(あかき)
おま…養子をとったのは聞いたけど…まさか…この子が?
白城
小学生が助手で何が悪いんですか?
何回も言うけど普通ではない
赤來(あかき)
お…驚いただけだよ
黒木
黒木
…今回の依頼は…また探しものですか?
赤來(あかき)
大正解。しかも今度は婚約指輪だ
白城
はぁ!?なんでそんな大事なもの無くすんですか!?
白城が珍しく大きな声を出した
赤來(あかき)
そ…そんなこと言われたって
黒木
黒木
はぁ…あなたも相変わらずですね。大学の頃…提出しないといけないレポートを無くしたり…高校では携帯も無くしたそうですね?本当に…大事なものでもお構い無しになんでもなくしますね
赤來(あかき)
うっ…
図星を付かれた赤來はなんも言い返せなかった…。だが、こんなことをしても仕方が無い。3人は指輪を探すことにした…
黒木
黒木
落とした場所に心当たりは?
赤來(あかき)
うーん…風呂入る時とか結構外したりするからな…よく分からねぇんだよ
白城
外すとしてもせめて1箇所に置くとかしたらどうですか?
白城は…かなり呆れているみたいだ。とにかく調査を進める。普通は落とすわけはないが、外にもないか探してみたが…
黒木
黒木
見つかりませんね…
白城
どこにあるんですかね…
赤來(あかき)
他の人の部屋に入ったりとか…ほら、ドアの下隙間あるじゃん
白城
ま…まさか…そんな見つかったらさすがに…
黒木
黒木
…一応調べましょう
可能性の高い2階から調べる…すると、割とすぐ…隣の部屋のドアの下から覗いたらそれはあった
赤來(あかき)
おお!!まじであったよ!!すげぇ!
白城
すごくないです!!…とにかくドアを開けてもらいましょう
赤來(あかき)
大家さん読んでくるか…あ、噂をしたら
大家さんが2階にやってきた…どうやら家賃を受け取りに来たらしい。隣の部屋の住人は指定した家賃支払いの日には必ず支払っていたものの、今回はなんでか支払われてなかったと言うので様子見に来たらしい。…そしてついでに訳を説明して赤來達も入らせてもらう
赤來(あかき)
あった!これだ!
それを拾おうとした…だが
黒木
黒木
待ってください!…それに触れないで
白城
!まさか…
黒木
黒木
………なるほど…私はやっぱり呪われてますね
その部屋の住人が背中にナイフを刺されて亡くなっていた…