無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🦕
🐻)てか、あなためっちゃ男子に狙われてんじゃん。


あなた)え、私じゃなくてじうんだよ。


🐻)あ、なんかきた…


👦)ねね、きみ!なんて名前なの??
































え、わたし?






あなた)あ、えとあなたです。



👦)へぇ、可愛い名前だね!あのさ、連絡先交換しよーよ



あなた)えっと私達初めて話したしもう少しあなたの事を知ってからじゃダメですかね?


👦)いーじゃん、僕はあなたちゃんのこと知ってるから!


あなた)でも、連絡先はちょっと…


👦)なに、先輩の言うこと聞けないの?あなたちゃんさまだ1年でしょ??俺、2年だから。


🐻)先輩とか関係ないでしょ。この子はほかの女子と違って連絡先をポイポイ他人に教えるよな子じゃないんですよね。


👦)は?調子乗んなよ。 って君も可愛いじゃん、なんて名前なの?













そう言ってこの先輩はどんどん私とジウンに近寄ってくる





ドンッ



あ、誰かに当たっちゃった


あなた)あ!ごめんなさいッ( . .)



👦🏼)あ、大丈夫だよ…/////




👦)その男には謝れるのに俺には謝れないわけ?ねぇ、あなたちゃん。






















🐰)おい、この子らに何やってんの




ワントーン低い声が後ろから聞こえる




👦)は?誰だy




🐰)誰に向かってそんな口聞いてんの




👦)ッすみません。…僕もう行きますね
















え、うさぎつよ









🐰)あなたちゃぁん♡何もされてない?!大丈夫だった?!あのクソ男後でぶっ飛ばしとくからねッ( ^ω^)






このうさぎ怖ぇぇ


あなた)あ、ありがとうございます。






🐰)隣の子は?あなたちゃんの友達??
よろしくね、なんて名前なの??



🐻)ジウンです、グク君ですよね。



🐰)そうそう!僕の名前知ってるんだ!



🐰)あ、あとあなたちゃん♪さっきのお礼は身体で払ってよねッ♡























やっぱこの人まともじゃない。





あなた)オッパ達に言いつけますよ。










🐰)それだけはやめて(  ˙-˙  )


🐰)うーん、なら〜…あッ!カカオ!カカオ交換しよッ!それでいいよーん




うーん、オッパなら教えてもいっか










あなた)はい、QRこれです。



🐰)やった!ありがとねーッ、ヒョン達に自慢してくる!!♡





なんて言ってぴょんぴょん跳ねながら戻っていく

















うさぎにしか見えない、けど








































ちょっと可愛いかも なんて思ったのは


多分気のせいッ





























🐻)………