無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第54話

48
人が怖い
僕も人だけど
他人に合わせて
自分が嫌われないために、集団で1人を嫌う
人間はみんな本音を隠してる
本音を全て曝け出している人は
この世に居るはずがない
子供でも、純粋な人でも、嘘をつく
「嘘は良くない」
そんなことを言ってる人も、嘘をついてるはずなんだ
「嘘つきは泥棒の始まり」
なんて言ってたら、この世の人はほとんどの人が泥棒になってるかもしれないね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短いので、歌詞書きます
「ケッペキショウ」
いらない汚い
感情なんてもう
いらない嫌な思いなんて
人は誰も幸せとか
求めすぎてこんな汚い

「人それぞれ」と言うくせして
価値観快感分かちあって
都合悪くなれば今度は
「人はみな」どーのこーのって言うんだ

それじゃちゃんと教科書でも
作りちゃんと定義してよ
人のあるべき生き方とか
清く正しい男女関係
そうさ僕ら寂しいって言葉吐いては
分かり合えたフリしてるだけで本当は
満たされることを愛と勘違いして
何も分かっちゃいないな

ダメだったんだ人類は
それはとうにとうに手遅れで
どうなったって本能は
都合良く波長合わせていく

汚れちゃった感情に
心はもう石のようで
求め合いの惨状に
もう汚い触らないで

悲しい話さっきからもう
語りっぱなしどーゆーつもり?
茶化し冷やかし飽きたらもう
笑いは無しなんておかしい

形ばかり気にしすぎて
まさに敵見てるみたい
かなりやばい頭の中もう
タラリタラリドゥーパッパラパ☆

そうさ僕らいつも欲に毒されては
手に入れてはすぐに飽きて放り出してさ
そしてまた次のおもちゃを見つけ言うんだ
「君しかいないんだ」

やっぱそんなもんじゃんか
所詮人間なんて利己主義で
僕らだってそうなんだ
汚い色に染まってくんだ

冷めきったみたいなんだ
偽善なんてもう見たくないし
だからいっそ泣いたって
ほらもう近づかないでよ

『-夜は溢れる夢描いて-
-朝はひかる希望抱いて-
-清く正しく前を向いて-』
「待って、そんな無理しないで」
なんて言う人もいなくて
泣いてもがいてべそかいて
こんな思いは何回目
綺麗好きすぎてもう
何もかも見たくないな

ダメだったんだ人類は
それはとうにとうに手遅れで
エゴばっかの世界なんて
息を吸うのだって困難で

誰だってわかってんだ
自分勝手だって価値なんて
だから口塞いじゃって
もう知らない
じゃあねバイバイ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人それぞれってよく言うのに
価値観や快感を分かちあって、それはほんとに人それぞれなの?
人間なんてみんな自分のことだけを考えて生きてる


人間は幸せを求めすぎてる
感情は汚れてしまって
頭ではどう思っていても、本能は周りに波長を合わせていく
偽善なんて見たくない
だから、近づかないでよ
泣いて、もがいて
こんな思いを何回すればいいのか
エゴばっかの世界で生きていくのは、とても苦しくて
もう知らない


放っておいて
じゃあね、バイバイ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ただただ死にたい俺
ただただ死にたい俺
名前は色々ある。(偽名ばっかり) LINEも本名じゃなかったり本名だったり 部活は一応水泳部です。(マネージャーですね) 現在中学2年生 病み期 一人称は僕です(病んでたら俺になるけど.....) アニメ、歌い手、ボカロ、実況者、好きです。 質問があれば....... すみませんフォローしてくれてる人以外フォロー外します。 フォロー外されたら外します。 ほんとにすみません。気分害されたりしたら申し訳ない、 フォロバ100%です 絵や物語のリクエスト待ってるような、待ってないような 小説は暇つぶしになってるので 毎日1話、2話投稿とか言ってても、それ以上更新することもあります。 小説の方で何かあれば教えてください では、よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る