無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第62話

54
僕が人を好きになれない理由話そうかな
小学生の時に
少しだけ気になる人が居た
で、修学旅行でさ好きな人言えって言われた
僕は寝たかったのに
無理矢理言わされたの
だから、言ったんだよ
それから、僕と仲が悪い男子にそれがバレてたんだよ
自分がブスってことは分かってる。
でもさ、気になるのとか自由じゃん
なのに、バカにしてきて
好きになるのがダメなのかなって
だから、歌い手さんとか好きって言ってるけど
まだ心から好きとは言えないかもしれない
(ガチ恋ではないです)
好きになることが怖くて
人と関わるのが怖かった
それでも、誰にも相談できなくて
ずっとずっと溜め込んで
泣くことも出来なくて
卒業式だって、みんなが泣いてる中で泣くことが出来なくて
何も感じなくなって
中学校でもあまり関わりたくなかったんだけど
センセーが無理矢理関わらせようとするから
やっぱり作り笑いで偽物の友達作って
我慢して、相談も出来なくて
泣けなくて、何も言えなくて
隠して、偽って
何も分からなくなって
もう理解しようとすることもしなくなって
もう、人が怖い
少し慣れてきたと思ったんだけどなぁ
やっぱり僕には無理なのかな
僕はここに立ち止まったまま
前には進めないみたい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ただただ死にたい俺
ただただ死にたい俺
名前は色々ある。(偽名ばっかり) LINEも本名じゃなかったり本名だったり 部活は一応水泳部です。(マネージャーですね) 現在中学2年生 病み期 一人称は僕です(病んでたら俺になるけど.....) アニメ、歌い手、ボカロ、実況者、好きです。 質問があれば....... すみませんフォローしてくれてる人以外フォロー外します。 フォロー外されたら外します。 ほんとにすみません。気分害されたりしたら申し訳ない、 フォロバ100%です 絵や物語のリクエスト待ってるような、待ってないような 小説は暇つぶしになってるので 毎日1話、2話投稿とか言ってても、それ以上更新することもあります。 小説の方で何かあれば教えてください では、よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る