無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第67話

59
最近、朝起きた時
自分の脈を確認して
あぁ、今日も生きてるんだなぁ
って実感してしまう
意味なんてないのに
価値なんてないのに
今日も無駄に息をする
でも、父さんや母さんが息をしているのを見て、ほっとする
今日も生きてくれている
僕の傍にいてくれているって
コメントが来る度に
まだ、僕の傍にいてくれているんだって
思う
だけど、僕が生きていることが
申し訳なくて
死にたいって思うのに
死ねなくて
優しく接したいのに
優しく出来なくて
弱音なんて吐きたくないのに
こんなにも弱い部分をさらけ出す
現実では出来ないくせに
ここでの僕はなんて弱いんだろう
現実では、強がってばかり
誰かに相談することも出来ない
弱い、臆病、つまらない、無意味
こんな僕は生きてていいんですか?
生きているだけで、他人に迷惑をかけるような僕なんかが
この世に存在していいんでしょうか




















僕の存在を消しますか?

Yes ←
No

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ただただ死にたい俺
ただただ死にたい俺
名前は色々ある。(偽名ばっかり) LINEも本名じゃなかったり本名だったり 部活は一応水泳部です。(マネージャーですね) 現在中学2年生 病み期 一人称は僕です(病んでたら俺になるけど.....) アニメ、歌い手、ボカロ、実況者、好きです。 質問があれば....... すみませんフォローしてくれてる人以外フォロー外します。 フォロー外されたら外します。 ほんとにすみません。気分害されたりしたら申し訳ない、 フォロバ100%です 絵や物語のリクエスト待ってるような、待ってないような 小説は暇つぶしになってるので 毎日1話、2話投稿とか言ってても、それ以上更新することもあります。 小説の方で何かあれば教えてください では、よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る