無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

27
ああ、吐き気がする
また、そうやって集団で
人に合わせて、作り笑い
吐き気がするよ
こんな俺にも、お前らにも
でも、そろそろ無理かもしれない
無視したい、友達なんてどうして作ってしまったんだろう。
愚かだな、俺は
作り笑いが出来なくなった俺には、居場所がない。
だから、今日も明日も明後日も作り笑いをしないと。
いい子の俺と、自由な俺を演じないと
「○○は自由やな〜」
「○○はマイペースやな」
「○○は真面目やな」
「○○は静かやな」
どれもこれも偽りの俺
誰も気付かない
演じて、演じて誰かからの「信頼」を得ようとする。
悲しいな
どうせ、最後には裏切られるのに
「信頼」なんて、表面だけ


「評価」なんて、演じれば良い








でも、それは死にたいぐらい「辛い」 「苦しい」






「寂しい?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
唐突に、歌の歌詞書きたくなりました。
長くなるので、飛ばしてもらっていいです。





「愛があれば」
僕らは愛されたかっただけなんだ
「普通」に憧れてただけなんだ
心に傷があったことを知ったのは最近です。

前を向きたいと誓う時
いつまでも「あの頃」が邪魔をする
フラッシュバックしてる
初めまして
僕はアダルトチルドレンです。

もしも僕が愛されたら
きっと友達ができたんだ。
もしも僕が愛されたら
きっと優しくなれたんだよ。
もしも僕が愛されたら
なんて考えたってもう今更じゃないか
僕ら今は狂っても生きていかなくちゃ
僕ら今は未経験の愛で誰かを愛さなくちゃ

僕らは愛されたかっただけなんだ
繕った笑顔も慣れてたんだ
心の傷を見ないふりをできて大人になったよ。

だからその手でそっと撫でて欲しい
なんてあの頃を思い出してる
笑い飛ばしてくれよ
なんで僕らこのまま生まれちゃったんだろう

もしも僕が愛されたら
ちゃんと笑顔にもなれたんだ
もしも僕が愛されたら
ちゃんと挨拶もできたんだ
もしも僕が愛されたら
もしも僕が愛されたら
いつか僕も愛されたら、どうやって返してあげりゃいい?
教えてパパ、教えてママ。どうやって返してあげりゃいい。

もしもばかりでつらくなっても
今じゃそれなりに生きてけんだよ
雑踏に紛ればどこにでもいるような青年になり腐った
だから僕も凡人ってことで、
どこにでもよくいる奴ってことで、
そういうことにしてくれよ
そういうことにしていたいけど
単純に殴られた傷が消えない
消えない。消えない。

消えない、愛ってやつで、何もかもぎゅっと抱きしめて。
もしも僕が愛されたらそんなこと今更だよ
僕ら今は、全部全部忘れやしない後悔を抱えていかなくちゃ
愛されてるやつがずるくって辛いけど
僕ら今は傷跡と一緒に強く生きていかなくちゃ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



終わりです。また書きます。


僕も、もっと愛されたかったな〜、、、



なんて、今更ですね。もう手遅れです。


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ただただ死にたい俺
ただただ死にたい俺
名前は色々ある。(偽名ばっかり) LINEも本名じゃなかったり本名だったり 部活は一応水泳部です。(マネージャーですね) 現在中学2年生 病み期 一人称は僕です(病んでたら俺になるけど.....) アニメ、歌い手、ボカロ、実況者、好きです。 質問があれば....... すみませんフォローしてくれてる人以外フォロー外します。 フォロー外されたら外します。 ほんとにすみません。気分害されたりしたら申し訳ない、 フォロバ100%です 絵や物語のリクエスト待ってるような、待ってないような 小説は暇つぶしになってるので 毎日1話、2話投稿とか言ってても、それ以上更新することもあります。 小説の方で何かあれば教えてください では、よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る