第9話

第3話(ころん君目線)
ガタンゴトン…
ころん
ころん
……………
確かここに……
……………………
あった!!
るぅとくん、為になった動画はすぐリストに入れる癖あったからあると思った‪!w
そう心の中で喜びつつしっかりと題名とサムネを覚える。
今僕はるぅとくんのスマホを借りて、るぅとくんが作ってくれたチョコケーキの作り方動画を探していた。
るぅと
るぅと
ちょっと、あんまり見すぎないでくださいよ、YouT〇be…(ボソッ)
ころん
ころん
わ、わかってるってば!
これはるぅとくんにバレてはいけない。
今度こそお返しのサプライズを成功させるんだ…
偽装工作のため、僕は適当に思いついた曲の歌詞を検索する。
ころん
ころん
…………よし。
ころん
ころん
ありがとるぅとくん!
るぅと
るぅと
あ、もういいんですか??
ころん
ころん
うん、題名思い出せなくて、歌詞検索したかっただけだから‪w‪w‪
るぅと
るぅと
それなら家帰ってからでいいじゃないですか…
ころん
ころん
今思い出したいだろ??
るぅと
るぅと
はぁ…
よし、何とかごまかせたみたい…
ちょっと苦しい言い訳だったかもだけど、るぅとくんは何も疑ってないでしょ…
これで、あとはなんの動画か忘れないようにしt…
ガタンゴトン…
ころん
ころん
おっと…
ちょっと考え込んでたせいか、電車の揺れに負けるぅとくんの胸に寄ろけてしまった
ドキッ
ころん
ころん
ご、ごめんごめん‪w‪w‪w
るぅと
るぅと
だ、大丈夫です…
ドクンッ  ドクンッ  ドクンッ
やばいやばい…心臓がバクバク言って止まらない…
なんで…え…?
僕は自分の顔がじわじわ暑くなってるのを感じて、必死に下を向く
赤くなってるのバレてないかな…/////
るぅと
るぅと
かわいい…(ボソッ)
ころん
ころん
んえ?
るぅと
るぅと
ん?
ころん
ころん
今かわいいって…
るぅと
るぅと
え!?
よっぽど驚いたんだな…いつもなら「静かにしてください!」って注意する側にいる彼が電車の中で情けない大声をあげるなんて、結構よっぽどの事だったんだろう……。
るぅとくんの大声に驚いて、自分の顔が熱いのが少しずつ冷めていくのが分かる。
るぅと
るぅと
あ、す、すみません…
ころん
ころん
何大きい声出してんだよ‪w‪w‪w‪
るぅと
るぅと
//////////
恥ずかしぃ…と聞こえるか聞こえないかの声量でぼそっと呟き、彼は赤面して下を向く。
ころん
ころん
何、可愛い子でもいた??‪w‪w‪w‪
るぅと
るぅと
な訳ないでしょう…!
ころん
ころん
‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w
もしるぅとくんが大声をあげてなかったら、きっと顔が赤くなってるのがバレてた…
サンキューるぅとくん…
ころん
ころん
あ、着いたよ
るぅと
るぅと
は、はい…。
気づいたら最寄りの駅に着いていた。
冬の冷たい風が僕とるぅとくんの間に吹き通る。
この距離さえも縮められたら…
…………
ん?
今なんか考えてた??
え?
ピッ(Su〇caを使う音)
最近無意識にキザなセリフを考えてる気がする…
恥ずい………/////
ころん
ころん
それじゃ!
るぅと
るぅと
はい、それじゃ…
ころん
ころん
またね
この後、僕とるぅとくんは違う方向へ帰っていく
前とは違く、背中を向けて帰る
このお別れが、ずっと続いてしまうんじゃないかってふと考えちゃう…
怖いなぁ……
るぅと
るぅと
…またね!!
ころん
ころん
うおっ!
ころん
ころん
びっくりしたなぁ‪w‪w‪w
ころん
ころん
急に声出すなよ‪w
るぅと
るぅと
ご、ごめんなさい…‪w‪w
正直、超絶びびったけど、一方で何故か安心してしまった。
なんでなんだろ…
ころん
ころん
…じゃ!
るぅと
るぅと
じゃ…
なんだか今日はいつもに増して寂しい気持ちが募る…
このまま彼を見てると家に戻れない気がして…
何かが壊れちゃいそうな気がしたから、
僕は後ろを振り向かずに早歩きで自宅に向かう
ガチャッ(家の扉を開ける)
ころん
ころん
…ただいまぁぁぁぁあああ
情けない声を出しても1人は1人。
無意識に声が出てしまった…‪w
ころん
ころん
ふぅ……
ころん
ころん
このままじゃだめだよな…
ころん
ころん
…………………
ころん
ころん
よし、
ころん
ころん
練習しよ…!!
僕は帰ってきてばかりだと言うのにまた靴を履いて家を後にした。
続く。
投稿主
投稿主
はい!3話終了です〜!!
投稿主
投稿主
今回のお話は、ころんくん目線とるぅとくん目線とで、結構違ったんじゃないでしょうか…!!
投稿主
投稿主
今主は、この話のAnother Story的な、その後の💛💙のお話(🔞な話)を書こうか非常に迷ってます………((
投稿主
投稿主
まあ、全部のお話書き終えられるように頑張ります!!💪🔥🔥🔥
投稿主
投稿主
それでは、次のお話もお楽しみに〜🍓