第2話

しらゆきひめ
467
2022/07/26 12:15
しらゆきひめのてっちゃん
それを愛するぐくおうじ



2人は両想いで甘々な生活を森のお家で過ごしていたが、ある日てっちゃんがふと空を見た時黄緑っぽいリンゴが降ってきた。

それをてひょんはぱくっと

ましゅまろきゃっちをするみたいに食べてしまった

そのりんごが胃の中に到着した途端テヒョンは倒れてしまった…

ぐくおうじは王宮に行った帰りだった…

もう外も暗いのに愛しい姫はなぜ家の外にいるのか

なぜ倒れているのか

すぐに姫を抱えて家のベッドへ寝かせ、何が原因で倒れたのか調べることにした

医師を呼んだり、喋りかけたり、いつもテヒョンとお話ししてる森の動物達にも聞いたが全くわからなかった

そしていつになってもテヒョンは起きなかった…

テヒョンが眠ってしまって5日目

ぐくおうじは何も考えられなかった

ただ早く姫が眠りから覚めてほしい
そんな切実な願いを遠い遠い空へ願っていた


次の日

ぐくおうじは姫の眠るベットに頭だけを乗せて寝ていた

そこへ鳥が来た

そして鳥はぐくおうじに姫は最愛の人からの口付けで目覚めると言った

ぐくおうじは信じられなかったがそれを信じて口づけをしてみようとした

ちゅ

短いようで長い一瞬の出来事
おうじが口づけを交わしている時姫は目覚めた。



th「…ん。じょんぐがぁ…?」


jk「て、てひょんあ…‼︎!目覚めてよかった‼︎」



そう言ってぐくおうじは号泣し姫の顔にたくさんの口づけを落とした。そんなおうじに姫は困った顔をして微笑んだ。

後に今までの経緯をぐくおうじから聞きテヒョン姫は空から降ってきたものは絶対に食べないとぐくおうじに誓ったのであった。








プリ小説オーディオドラマ