無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第145話

🕸
あなた

嫌だよ、グク、

あなた

行かないで、

もう何時間泣いただろうか











君に作った












ご飯がもう冷えきってしまった









時刻は23時














リビングには私と









ずっと流れている








テレビしか聞こえない





もう、何がどうなってるのか、








また貴方は私の前から消えるの?








もう、






君がいないと無理だよ、











するとピンポンがなった
あなた

グク?!





ドアを開けると








君がいた












ジミン
ジミン
ジミン
助けに来たよ。あなた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さくさくモチモチしっとりパンダ
さくさくモチモチしっとりパンダ
フォロワー来たら100㌫返します! でも301になったら返しません。 でもフォロアーさんが増えたら嬉しいです‼ でもうちがフォローして外され 少しショックです。。 名前→さくさくモチモチしっとりパンダです 前はパンダでしたw w なんか変えたくなりました。 姉の小説大好き( ˙-˙ ) アハッ♡ フォロワーさん大好き♡(´˘`๑)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る