無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12
朝起きたら


隣に寝てたはずのまほっちゃんがいない

リビングかな?

パーン


貴)わぁっ!、
みんな)あなたー!お誕生日おめでとう!!!
貴)しってたの?

ま)そりゃ、彼女ですから

貴)さすが!!!!

ま)へへっ

サ)俺らのこと忘れてない?笑笑

貴)ごめん!忘れてた笑笑

へ)ひどいっすよ

貴)冗談だよ笑笑みんなもありがとう!

相)ケーキ食べよう!

貴)たべる!!

貴)朝からケーキってやばいね?太りそう

ま)大丈夫っしょ

貴)本当に?

ま)太っても俺は好き

貴)そういうのずるい

ま)なにそれ笑笑




じ)お酒飲む?

サ)朝から?

ま)今日ぐらいいいじゃん

相)のむー!

サ)おれも!

へ)俺も飲みます!

ま)俺も飲む!

貴)うちはまだ飲めない

サ)子供だね

貴)うっさい!

貴)来年には飲めるし!

相)あなたちゃん若いね〜

貴)でしょ笑笑


ま)来年は一緒に飲もうな!

貴)、、、うん!








そっからケーキ食べたり

ゲームしたり色々したらすぐ夜になった











ま)あなた!

貴)なに?

ま)手出して

貴)ん?

ま)目つぶって


手に冷たいものが付けられる

ま)いいよ開けて

貴)え?なに、指輪!可愛い

ま)俺とおそろ

貴)嬉しい

それは左手の人差し指に付けられてた

もしかして、、なんて

考えすぎ?


ま)予約したから

貴)なにを?

ま)結婚しよ、あなたが大学卒業したら

貴)😭😭😭😭

ま)嫌だった?

貴)嬉しくて

ま)ふふっ♡よかった



でも、ごめんね

大学を卒業することなんてない

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

yxxri
yxxri
You are always wanting something.
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る