無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
まほっ、

名前を呼ぼうとした瞬間舌が入ってきた

ハぁッアッンッ

離れようとするけど

男の人の力に敵うわけなくて

私の両手首をベッドに押し付ける

唇が離れたと思ったら



んっ


首筋に痛みが走った


馴れた手つきで私の服を脱がしていく

あとは下着だけ

全身にキスを落とす


んっアッ////

なにキスだけで感じてんの?

そんなことっ

ここビショビショだよ


そういって私の愛液をついた指を

わざと音を立てて舐める


美味しい

やめて////

もう入れていいよね、

んあっ///


その衝撃で軽くイってしまう


なにもうイっちゃったの笑笑

動かすよ?

ハぁっん////ダメっんっぁっん

イっちゃう

いいよイって


激しく動かす


アッアッアァァン//

本当にイっちゃった笑

俺まだイってないからもうちょっと頑張ってね

ダメっおかしくなっちゃっう///

おかしくなりなよ



この後何回イさされたかわからない

でも、腰がめちゃくちゃ痛い

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

yxxri
yxxri
You are always wanting something.
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る