無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

730
2021/08/03

第4話

😁😡
ナホヤside
ナホヤ
あ"っち"ぃ〜
今日の気温は35℃越え俺はリビングでクーラーの温度を下げアイスを食べながらゴロゴロしていた。
あなたとソウヤは買い出しに出かけた。あなたに「一緒に行こ」と言われたがこんな暑い中外に出るなんてごめんだ。
ナホヤ
あ"ぁ"〜マジで暑い
そう俺は呟くと
ガチャ



玄関の扉が空くと同時に
あなた
ただいま〜
ソウヤ
兄さんただいま〜
あなたとソウヤの声がした
ナホヤ
おかえり〜
あなた
いや〜外本当に暑いね、💦
ソウヤ
だね💦
ナホヤ
お前らよくこんな暑い中外出れるよな
あなた
だってナホヤが冷蔵庫の中の物全部食べるからでしょ、
ナホヤ
しょうがねぇだろ。腹減ってんだし
あなた
それに私のアイス食べるからでしょ!
ナホヤ
はいはい
あなた
こぉんのぉ(怒)
ソウヤ
あなた落ち着いて、💧
ナホヤ
笑
俺はこうやってあなたをからかってるが俺はあなたが好きだ。兄妹として1人の女だとして
あなた
ナホヤ〜?
ナホヤ
ッ!?びっくりさせんなよ、
あなた
ごめん、ごめん‪w
ナホヤ
で、何だよ
あなた
マイキー君から電話来てる
ナホヤ
あぁマイキーか、
そう言い俺はソファから立ち上がりあなたから電話をもらう。
ー通話ー
ナホヤ
…もしもし
マイキー
あ!ナホヤ
ナホヤ
どうしたんだ?集会か?
マイキー
いやいや、違くてさ
ナホヤ
ん?じゃあなんだ?
マイキー
今からナホヤん家行っても良い?
ナホヤ
ん?
マイキー
いや、ナホヤん家行っても良い?
ナホヤ
あ〜ちょっと待ってくれ
俺は受話器を手で塞いであなたとソウヤの方へと体を向け
ナホヤ
なぁマイキー達が来るけど良い?
あなた
私は全然いいよ〜
ソウヤ
俺もあなたと同じく
そして受話器の穴を塞いでいた手を退かし
ナホヤ
だってさ何時に来んの?
マイキー
ん〜後5分ちょいで着く。
ナホヤ
了解
ー通話終了ー
ガチャ

受話器を戻し
ナホヤ
後5分後だってさ
あなた
りょ!
ソウヤ
もしかしたらマイキー俺達に電話する前に最初から行く気だったのかな笑
ナホヤ
それは有り得る
あなた
とりあえず二人とも着替えなよ、
ナホヤ
そうだな
ソウヤ
そうだね
俺達は自分達の部屋に戻り着替え


ピンポーン