無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

君からの着信
歌恋
もうそろそろいんじゃな~い!?
私はゲームを終わらせたと同時に結愛に話しかけた。
結愛
そうだね~!!!!
ちょーど終わった所だし、様子見よっか!
歌恋
そうだね!!!!
そうして立ちがろうとした瞬間



~♪
結愛
ん?かれんのケータイだよ!!
鳴ってるの!
歌恋
え?あ、ほんとだ!誰だろ!
結愛

かれんどーしたん?
ん?
結愛
ってえぇ!?
かいせーから電話やん早く出なよ!
歌恋
え、あっ、うん!
私は緊張しながらもかいせーからの電話に出た。