無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

第1歩
なんやかんやしている間に刻々と時間は過ぎて行った。
授業には全く集中が出来ていない。
だか、初めの1歩を踏み出した。
歌恋
か、かいせい!あの、約束してたチョコ。今日持ってきたから。
そ、その。放課後!!待っててくれる…?
ドキドキがやまない。
快星
えっ。まじ?
え、嬉しい///
ありがとう!!今日体育館裏で待ってるから。
歌恋
う、うん!ありがとう☺️
第1難関クリアだ!
これを見ていた友達達がお疲れ様!!!!
よかったね!と話しかけてくれた。