無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

君の声
響生
おお!もしも~し⭐
歌恋
え!?ん!?もしもしー!笑笑
もしかしてきょーちゃん?
きょーちゃん。=響生
きょーちゃんはかいせーの大親友で私はきょーちゃんと幼馴染なのだ。
響生
よく分かったな!笑笑
流石幼馴染だけあるわ!笑笑
歌恋
まーあね!!
ってか、何したの~??
響生
あ、そうだ!
なんかーかいせーがぁ~
ぅあ
快星
もしもし?
ごめん。きょーせい勝手に携帯取ってかけやがった笑笑
あ、なんでもないから!笑笑
結愛
ふーん笑笑
絶対なんかあるでしょ?笑
きょーせいなにしたのー?( ´﹀` )
響生
なんかかいせーがー笑
かれんのチョコ食べたいって!
ァ”ァ”ァ”ァ”ァ”!
快星
おいお前いい加減にしろよ(小声)
ご、ごめんまじでなんでもないから!
遊んでる途中急にごめんな!
ブーブー♪

そうして電話は切れた。