無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

好きな人とのLINE
私は家に帰ってきてスマホを取った。

(LINEしよっかな笑勇気出さなきゃ始まらないよね。よし!)

そうして私はLINEをすることにした。


歌恋
急にごめん!
明日って学活何するんだっけ!!??
快星
全然大丈夫だよ!
クラスのなんか決めるとかって言ってたー!
詳しくはわからん笑笑
ごめんね!
歌恋
そっかそっか!!!!
ありがとう~😁👍
快星
おう!

てか女子何話してんの?笑笑
今日ずっと話してなかった?笑笑
歌恋
えっとね、もうすぐバレンタインだからその話して盛り上がっちゃった😂
快星
あーね!
近いもんね!笑
俺は多分貰えないわ笑笑
歌恋
えぇー!まじ?!
でもかいせ~モテるじゃーん😂
快星
いやいや笑笑
だったらかれんもモテるじゃん?笑
歌恋
そうなのかな~?笑笑
でもかいせーには負けるよ😂
そんな会話をダラダラ続けていた。
でも楽しくてやめられない。