無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

気持ち
歌恋
これでいいかな😳
『良かったら食べてください』
メッセージカードにはこれくらいしか書ける勇気がなくこれだけでおわってしまった。
私はそのあと出来上がったクッキーと生チョコを取り出し袋詰めを始めた。
快星だけには結愛と選んだ飛び抜けて可愛いラッピングだ。

喜んでくれるかな。どんな反応するだろう

などと妄想を膨らませながら飾り付けラッピング袋詰めを終わらせた。
歌恋
よし!これでOK!!!!
友達のも全部入れたし!!!!
明日が楽しみ、だな!!!!
こうしてあっという間に日曜日がおわっていった。