無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

あいつと私
バレンタインの話は止まなくてずっと作るお菓子の話とか好きな人の話とかあげるかとかそんな話をダラダラ続けていた。
優花
ねぇねぇ~♡
なぁにはなしてるのぉ~??
うちも混ぜてぇえ♡♡
(うわきた。)
多分うちも含めて全員ここにいる人たちはそう思っただろう。
そう。こいつが優花(ユカ)。
うちわ幼稚園から一緒でゆかちんって呼んだりしてたまに話したりしている。
でもやっぱり可愛いライバルなだけあってあまり好きではない。
歌恋
優花ちん~!(苦笑)
今バレンタインの話してたんだ~笑
クラスの女子1
ねぇ、優花はあげんの?
優花ってまだかいせ~すきなんでしょ?笑
優花
えぇ~まぁそぉーだけどぉ~笑笑
うぅんあげるかな~♡
うちわことしのバレンタインガトショ作ろどかなっておもってたぁよ♡
(あげんのかよ)
みんな目を合わして苦笑する。
結愛
へぇ~笑
でもゆーちゃんってさ?かいせ~よりきょーせいと話してない?笑笑
うちてっきりきょーせーかと思ったわ爆笑
クラスの女子2
確かに~爆笑
優花
えぇえ!!!!
まぁきょうせいきゅんもかっこいいなぁとわおもうよ?笑
でもやっぱりかいせ~くんのほぉーがうちにお似合いっていうか?
なんちゃって☆

女子は段々苛立ちへと変化していった。