無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🤍🕊 𓈒𓂂𓏸
458
2021/08/25 01:38


どうもこんにちは、密影乙葉です。

前回の話を読んでくれた方はわかると思いますが、俺は異世界ツイステットワンダーランドという所に転生してしまったようです。
密影 乙葉
あーだるっ....なんで、魔法士養成学校なんて変なところに通わなくちゃいけないかなぁー
グリム
お、お前.....ほ、ほんとに乙葉なのか?
密影 乙葉
俺、元々こういう性格だしぃー、てか、お前誰にも言うなよこのこと、言ったらそうだな.......
密影 乙葉
丸焼きだね♪
グリム
わ、分かったんだゾ!!い、言わないんだゾ!!
密影 乙葉
分かればよろしい♪


ピンポーン


と、オンボロ寮のインターホンが鳴った
密影 乙葉
あ、やっと来た
密影 乙葉
ほら、グリム行くよ〜
グリム
ふ、ふなっ!
俺は荷物をまとめて、玄関の扉を開く
エース・トラッポラ
おっ、はよ!乙葉、グリム!
デュース・スペード
おはよう、乙葉、グリム
密影 乙葉
おはよう〜♪エース、デュース!
グリム
お、おはようなんだゾ....
デュース・スペード
どうしたグリム、なんか様子が変だぞ?
エース・トラッポラ
夜更かしでもしたんだろっww
グリム
そ、そ....
隣にはニコリと笑みを浮かべる乙葉



グリムには



顔で『丸焼き』と訴えてるように聞こえたんだとか
グリム
な、なんでもないんだゾ、!
エース・トラッポラ
んだよ、心配して損したじゃん!
密影 乙葉
あはは....


正直俺は、この世界に来てから可愛いを演じるのに疲れてきている




それは、ズバリ、ストレス!



意味のわからない魔法士の授業に、





飛行できないからと、走らされるグラウンド。





俺が男だと知りながら、ナンパしてくる奴らに




とにかく変人が多すぎるクラス。
密影 乙葉
(こっちから、願い下げだ。普通のやつとか居ないのかよ!ふつうのやつ!)





そして、俺がこの学園生活で最も恐れているものそれは....

























フロイド・リーチ
あ〜!小エビちゃんだ〜!
密影 乙葉
(コイツだ....)



ーーーーnext➬ ☆×20