無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

437
2018/11/29

第10話

9
次の日。
やっぱり眞弥は迎えにこない。
私は昨日と同じく1人で学校に向かった。
学校に着き、教室に行くと、違和感があった。








あなた

あれ…?

あなた

私の机が汚されてない…?

でも、その代わりに…
そらちぃ
あーあ、今度は俺かよ、笑
そらの机が汚されていた。
私は、そらの元へ行こうとした。










けど、
眞弥
あなた、ダメ。
あなた

え…?

眞弥
あなたがそらに関わったら、今度はそらのいじめがエスカレートする。
眞弥
だから、私たちは見てるしかないの、










私は怒りを覚えた。
だって、そらが私を守ってくれただけなのに、、、









私の体は、自然といじめグループの方に向かっていた。














あなた

ちょっと話があります。

あなた

今から屋上で話せますか、?

???
え、いいよー










私たちは一言も発さず、屋上へと向かった。









???
で?
???
あんたが私を呼び出して話なんて、
あなた

もう、辞めてください…

???
え?
あなた

もう、辞めてください…!!

???
あー、それは無理かなー
あなた

なぜ?

???
あいつが私の気に触るようなことしたのが悪いのよ、
あなた

え…?

あなた

どーゆーこと?

???
あんた、昨日そらと2人で何か話しただろ?
あなた

あ…

















────────────────────────────────
なーりん
9話は終わります!
なーりん
では、また10話でお会いしましょう!
なーりん
次回、2人の運命は_____