無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

265
2021/07/16

第11話

10
はぁ…いざ踊るとなるとものすごく不安だ。

















こんなど素人が本当に踊れるのだろうか。
















そもそもなんの曲踊るの?














なんにも知らないんだけど。こんなの恥かくだけじゃん。









































いや、でもこの体が勝手に動いてくれるかも…

















うん、そうだ、絶対そう。←
















きっと音楽が流れたら無意識に体が動いてくれるはず。
テヒョン
テヒョン
振り付けは僕らに合わせてくれればいいから!
you
you
う…うん
先生
じゃ、流すよ〜










🎶〜



















すごく軽快なリズムで始まり、少ししたらテヒョンとジミンが動き出した。

















2人のダンスはすごく息があっていた。
















テヒョンはどちらかと言うとキレがあり、カッコイイ。
逆にジミンは動きがしなやかで綺麗。




























テヒョン
テヒョン
あなた??踊んないの?
you
you
あっ











しまった…つい見入ってしまっていた。



















ちゃんと集中しなきゃ。
















とりあえず、2人の動きを見よう見まねでやってみる。
















大丈夫…きっと体が勝手に…






















なんて、そんな都合よく行くわけなかった。


















目の前の大きな大きな鏡を見る。

















正直言って、本当に酷い動きだった。














振り付けは何とかできていたものの、動きにキレがないし、何よりすごく余裕が無い。












レベルが高すぎる。
you
you
ハァハァ…
ジミン
ジミン
あなた?大丈夫?
you
you
う、うん…
テヒョン
テヒョン
あなた、ダンスできなくなっちゃったの?
you
you
…ッ!
テヒョン
テヒョン
いつもの動きじゃない…
you
you
あ…そ、そうかな?
テヒョン
テヒョン
前までのあなたはもっとスマートにやってたじゃん
テヒョン
テヒョン
記憶が無いからいつものダンスの仕方も忘れちゃった…?
ジミン
ジミン
テヒョナ!!
テヒョン
テヒョン
ッ?!
急にジミンが声を上げた。
ジミン
ジミン
"前まで"とか、"いつも"とか、そんなのどうだっていいでしょ??
ジミン
ジミン
あなたは変わらずあなたなんだから!!
テヒョン
テヒョン
……ッ
you
you
ジ…ジミン??
ジミン
ジミン
ちょっとあなたは黙ってて
you
you
はい、
ジミン
ジミン
テヒョナ、あなたに謝って
テヒョン
テヒョン
…ッ、ごめんあなた…
テヒョン
テヒョン
そんな、比べるつもりなくて…
you
you
い、いいのいいの!!私が下手くそになったのは事実だし…ㅎ
テヒョン
テヒョン
そんなこと…!
you
you
お世辞はいいから!私、これから頑張るね
ジミン
ジミン
…うん、あなたならすぐ上達するよ














"前まで"踊れてたから、ね






















そして、空気が重くなってしまったため今日はこの辺にして解散した。