無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

285
2021/07/16

第12話

11
2年後…



環境の変化にも慣れ、前世の嫌な記憶も2人のおかげで少しずつ忘れることが出来た。





















そして今は、歌にダンス、演技や表情の作り方、アイドルとしての立ち居振る舞いなどのレッスンをこなす毎日。














学校は退学した。
韓国の学校なんて、授業についていける自信が無いし、万一、前世があんなだから勉強はできる。












今はただひたすらにデビューを目指して奮闘中だ。
先生
うん、あなたいい感じ!!動きにキレが出てきたね!!
you
you
ハアハァ、はい!ありがとうございます!







ダンスのレッスンが一旦終わり、この後学校終わりの子達とまた始まる。
















現在17:00
















続々と練習生が入ってくる。















練習生
やっぱりあなたダンス上手いよね
練習生
女の私でも惚れる
練習生
そういえばさ、近いうちに誰かデビューするんだとか…!
練習生
えっうそ、誰だろう?
練習生
え〜私だったりして…!
練習生
いやいや、俺だろ









今日もコソコソと話し声が聞こえる。いつも私のダンスを見てはコソコソと言っている人が居るけど、悪いことを言っているわけではないからスルーしてたけど…















デビューって言った…??















今日のはすごく気になってしまった。


















本当に誰かデビューするのかな…ただの噂じゃなくて?














でも、この噂が本当だとしたら…












私だったらいいな…

















ガチャ





















テヒョン
テヒョン
あっ!あなたおつかれ〜
you
you
テヒョナ、おつかれさま
you
you
ジミナもおつかれ、
ジミン
ジミン
うん、お疲れ様
you
you
ねぇ、さっき噂で聞いたんだけど…










.















テヒョン
テヒョン
_______________誰かがデビュー?
you
you
しぃー!
you
you
まだわかんないから、
you
you
噂だし…
ジミン
ジミン
でもいつもこの噂が通ってすぐにデビューしてたよね…?
you
you
……確かに
テヒョン
テヒョン
え〜!絶対俺がデビューしたい!!
you
you
私もしたいよㅎ
ジミン
ジミン
3人で同じグループとかになれたらいいね
you
you
でも私…女だから…ね
テヒョン
テヒョン
(๑˘・з・˘)むぅ
ジミン
ジミン
僕達18だしもうそろそろデビューしたいよね
テヒョン
テヒョン
じゃあちょっと未来行っていつデビューできるか見てくる!!
you
you
何言ってんのかさっぱりなんだけど…行ってら←
テヒョン
テヒョン
はーい!んじゃ行ってくる。
ジミン
ジミン
えっじゃあ僕も行く
ジミン
ジミン
とう!
テヒョン
テヒョン
あ〜未来が見える!見えるぞ〜!
テヒョン
テヒョン
あ!!
テヒョン
テヒョン
今年の夏にデビューしてるよ!!
ジミン
ジミン
ほんとだ!
you
you
それ絶対適当に言ってるよね
テヒョン
テヒョン
やー!
テヒョン
テヒョン
ただいま
ジミン
ジミン
未来の自分楽しそうだった
you
you
それは良かった


















そして1週間後の5月に入った頃


























私は社長室に呼び出された。















正直怒られるのかと思った。















だって、社長室に入るや否や社長の顔を見るじゃん















すんごい圧だったもん。←

















しばらく沈黙が続き、
















社長が口を開いた
社長
社長
あなた
you
you
っはい





















.





















社長
社長
おめでとう、君のデビューが決まった!
you
you


















































_______________え?